おじさんが異世界で美少女に 親友(おじさん)との「ラブコメディー」の行方

<TVアニメ「異世界(ファンタジー)美少女受肉おじさんと」(テレビ東京系)> 主人公の橘日向(声 M・A・O<女>/伊東健人<男>)は全てが平均点の冴えない32歳のサラリーマン。彼の親友で、文武両道のハイスペックサラリーマン神宮寺司(声 日野聡)。2人は小学生の頃からの幼なじみ。1月12日未明(火曜深夜枠)、始まった。

■「女神」によって...

イケメン神宮寺は小中高大と女性に好意を寄せられ続けてはや20年。元から異性への興味は薄かったが、女性の嫌な部分も沢山見せられて、すっかり女性不信に......。「俺の心のオアシスはいつだってお前だけ」と心の中で橘に話しかける。

そんな神宮寺に今まで好きになった女の子をすべて取られていた橘は、自分がモテないのは神宮寺のせいと、彼をさっさと結婚させるため合コンに誘うが、そこでも当然ながらモテるのは神宮寺ばかり。

酔った橘は「こんなにモテないなら、女子になりたい。いっそ金髪美少女になってチヤホヤされたい!」とブツブツ。

気がつけば、思い描いていた理想の美少女に転生していた橘に驚く2人。そこに「愛と美の女神」(声 釘宮理恵)が現れ、「異世界にようこそ 勇者たちよ!」と。2人は呪いをかけられ、それをとくために魔王を倒すという使命が......。

絶対に惚れてはいけないおっさんと元おっさん美少女の異世界ラブコメディーの始まり。BLの香りに「おっさんずラブ」好きも吸い寄せられそうな気配。

(くろうさぎ)

関連記事(外部サイト)