「甘えたくない」吉本退所のきんに君、ロンブー田村淳も共感し「バイキングMORE」で明かした「悩み」

お笑いタレントのなかやまきんに君が2021年末をもって吉本興業とのマネジメント契約を終了していたことについて、1月28日(2022年)放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)が取り上げた。

お笑いの活動だけでなく、筋肉についての知識を発信するYouTubeチャンネルも注目を集めているなかやまさん。今後はよりフィットネス関連の活動を精力的に行い、世界で活躍する夢を叶えたいという。

■田村「自分1人でやったらどうなるんだろうって」

事務所に所属しながらでもできる活動と思われるが、退所の道を選んだ理由については、自身のYouTubeチャンネルで

「僕の中で"サポートがある""安心する環境"が、何か甘えのようなものが出てきているんじゃないか。何が起こるかわからない、リスクもあるかもしれない、いろいろ自分でやらないといけない。そういったことを乗り越えた3年から5年というのは僕は全然違うと思います」

などと語っている。

コメンテーターの田村淳さん(ロンドンブーツ1号2号)は、吉本興業とのマネジメント契約を更新したというが、「悩みましたね」と明かす。

田村さん「吉本は年々、『こういう形でサポートできますよ』ってことを明確に示してくれるようになったので、そこはだいぶ変わったかなと思います。それでも甘えたくないって、きんに君の気持ちもちょっとわかる。出てみたいとか、自分1人でやったらどうなるんだろうみたいな、自分試しみたいなことを僕も悩んだし、毎年悩むんだと思います。『今辞めたらどうなるんだろう』って」

(TT)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?