医療ミステリー「ドクターホワイト」―謎の白衣の女性を浜辺美波、支える医療ジャーナリストを柄本佑が好演

1月17日にスタートした、フジテレビ系列の月曜午後10時枠で放送されている連ドラ「ドクターホワイト」を見ています。

制作は、カンテレ(関西テレビ)と共同テレビで、樹林伸の小説『ドクター・ホワイト千里眼のカルテ』『ドクター・ホワイト神の診断』をドラマ化した医療ミステリーです。(※この原稿は、ネタバレを含んでいます)

医療ジャーナリストの狩岡将貴(柄本佑)は、ある朝、公園で倒れている女性(浜辺美波)を見つけ、幼馴染の内科医・高森麻里亜(瀧本美織)に助けを求め、病院に運び込みました。その病院で、謎の女性、百夜(浜辺美波)は、まるで医師であるかのように、病気の原因を言い当てたり、搬送された患者の診断をする医師に「それ、誤診です」と指摘したりします。しかし、異常と言えるほどの医学的知識とは対照的に、それ以外のほぼ一切の記憶、一般常識までも失っていたのです。

記憶を失くし行くあてのない白夜(浜辺美波)を、狩岡(柄本佑)が家に連れて帰ると、妹の狩岡晴汝(岡崎紗絵)は喜怒哀楽の表し方すら忘れた白夜に友達のように接し、世話をします。そんな中で、白夜が、晴汝が患っていた病を的確に診断したことに感謝した狩岡は、「君の正体を突き止めるよ。俺はジャーナリストだ。それが、俺の恩返しだ」と誓うのです。

得体の知れない能力を持っている白夜(浜辺美波)に、不思議な魅力を感じます。狩岡(柄本佑)の一本気で、妹思いで、責任感のある行動に共感します。

■見どころのひとつが「総合診断協議チーム(CDT)」

このドラマにはいくつかの謎があるのですが、その一つは高森麻里亜(瀧本美織)の兄、高森勇気(毎熊克哉)の失踪です。彼は父が経営する病院の大黒柱でした。白夜(浜辺美波)が倒れていた時に彼女が着ていた白衣のポケットから、狩岡(柄本佑)が発見したのはGPS発信機で、高森勇気が白夜を狩岡に託すサインだったかも知れないのです。

白夜は何者か、高森勇気(毎熊克哉)はなぜ失踪したのか、どこにいるのか、真相を探ろうと動く狩岡(柄本佑)は、どのように真相にたどり着くのか。そして高森勇気は無事に家族のもとに帰れるのか。

また、このドラマのもう一つの見どころは高森巌(石坂浩二)が娘の高森麻里亜(瀧本美織)に託した「総合診断協議チーム(CDT)」がどのように医療現場で力を発揮していくのかです。CDTは、内科、皮膚科、脳神経外科、精神科などの医師からなる診断専門の特別チームで、患者の症状から協議の上で病名を判別するという試みです。集まった医師は精鋭と思いきや、クセもある個性的な医師たち。その仲間に白夜も加わります。

白夜(浜辺美波)の持つ、中性的な魅力がどう開花していくのか楽しみです。そして情の深い狩岡(柄本佑)の、明日を見つめる、ジャーナリストとしての想いはこのドラマをどう進展させるのか、目が離せません。

関連記事(外部サイト)