櫻井翔が語った「木更津キャツアイ」裏話 岡田准一を「すんげー」と思った瞬間

2月24日(2022年)放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)は、1月25日に40歳の誕生日を迎えた櫻井翔さんの「40歳誕生日パーティーSP」だった。

Sexy Zoneの菊池風磨さんが幹事を務め、木村拓哉さんから贈られた大きなフラワースタンドが飾られるなど華やかなハウススタジオに、同局で02年1月〜3月まで放送され、櫻井さんがバンビ(中込フトシ)役を演じたドラマ「木更津キャッツアイ」のメーンキャスト・佐藤隆太さん、塚本高史さん、岡田義徳さんも集結した。

■ぶっさん&オジーからはメッセージ

主人公のぶっさん(田渕公平)を演じた岡田准一さんは来られなかったが、手紙を佐藤さんが代読した。

岡田准一さん「バンビへ 久しぶりにバンビと呼ぶね、あの頃は、俺たちダメだ〜と土手を転がりながら、どうすればもっと良く出来るか、みんなで試行錯誤してましたね。そんなバンビもみるみる成長して、シカになり、今や巨大なヘラジカ、、、ぐらい安心感がある人になっちゃいましたね。いや、、、でもよく見るとリスですね。かわいいリス、そんな気持ちでいつもみてます。40歳おめでとう。岡田准一」

先輩からのユーモアあふれるメッセージに、櫻井さんは「いや〜嬉しいです、ありがとうございます」と感激した様子だった。

さらにオジー(小津裕次郎)を演じた古田新太さんからも、「かき醤油味付のり」の差し入れとともに

「SHOWおめでとう。おまいが10代の時からの付き合いか。キャッツのメンバーでは、おまいが一番好きだ。おいらの葬式には顔を出してくれよな。オジーこと古田新太」

とのメッセージが寄せられた。

■「誰が一番尖ってました?」

顔を合わせて集まるのは20年ぶりだという4人。櫻井さんの同級生だというフォーリンデブはっしーさんが差し入れたフードを囲みながら話に花を咲かせた。

菊池さん「皆さん尖ってました?誰が一番尖ってました?」

櫻井さん「役もあって尖ってるの真逆っていうか、かっこつけんのダセェよみたいなスタイルの作品だったんだよね」

岡田義徳さん「かっこ悪いことがかっこいいって思ってたみんなだったと思う」

櫻井さん「でも尖ってたと違うけど、俺岡田(准一)くんと1個(歳)しか違わないけどすっげーなと思ったのが、ぶっさんが亡くなるシーンで、みんなが『ぶっさん、ぶっさん』って病院で。(カメラ)横当てのカットになった時だけだったと思うんだけど、涙がつーっと流れたんだよね。この人すごっ!と思った、その時。当時まだ21(歳)とかだったのに、すんげーと思ったの覚えてる」

当時のエピソードが実際の出演者たちから明かされたことで、「木更津キャッツアイ」ファンだという菊池さんは、「いやまさか私こんな光景を見られるとは思ってませんでした」と感激しきりの様子だった。

ツイッターなどでも、

「木更津キャッツアイ世代としてはこの夜会はアツすぎる」
「夜会にキャッツアイのメンバー出てるのエモい!岡田が居れば完璧だったのになー」
「主演いなかったけど4人集まってるの見れて良かったよ...バンビも40歳なのか.........」

といった声が上がり、「木更津キャッツアイ」がトレンド入りする盛り上がりとなった。

(TT)

関連記事(外部サイト)