「うたコンにKICK THE CAN CREWが!?」 ファン「感動、感涙」

3月15日(2022年)放送の音楽番組「うたコン」(NHK総合)に、ヒップホップグループ「KICK THE CAN CREW」が生出演。「未来に向けてまだまだ歩いて行こう」(赤木野々花アナ)というメッセージを込めたという新曲「Boots」を披露した。

KICK THE CAN CREWは番組のトリとして登場。メンバーのKREVAさんは2021年の紅白歌合戦での石川さゆりさんとのコラボが話題となったが、司会の谷原章介さんから「元々歌謡曲なんかも聞かれるんですか?」と質問され、

「子供の時は歌番組とかもよく見てて、歌謡曲からの影響も受けてると思いますし、それを自分のヒップホップ、音楽に混ぜていこうというのは考えていました」

と語った。

■「うたコン凄いな」

MCUさんは「ヒップホップに他のジャンルの音楽を取り入れていくというのはいかがでしょうか」と聞かれ、

「ヒップホップは様々な音楽を取り入れてひとつの形にする。いろんなジャンルあると思うんですけども、ヒップホップが中でも一番自由なんじゃないかなと個人的には思ってます」

LITTLEさんは久々に3人で楽曲を制作したことについて、

「コロナ禍で大変だったんですけど、楽しく3(人)で作れました。今日はこんな素晴らしい番組に出れて、めちゃめちゃ新人のようにどきどきしてます!」

とコメントしていた。

2004年に活動休止し、17年に本格的に再始動したKICK THE CAN CREW。演歌や歌謡曲の歌手の出演が多い印象の「うたコン」に生出演したということで、ツイッターなどは

「うたコン にKICK THE CAN CREWが出てるーーー!?」
「おぉ...NHKつけたらうたコンにKICK THE CANCREWが出てる...うたコン凄いな...」
「KICK THE CAN CREWがうたコンに出てきて感動、感涙 20代のころが鮮明に蘇った」

と盛り上がっていた。

(TT)

関連記事(外部サイト)