ウクライナ情勢 谷原章介「市民の被害が拡大しています」

ウクライナ北部の街・チェルニヒウでパンを買うために並んでいた市民をロシア軍が銃撃し13人が射殺された、と18日(2022年3月)の「めざまし8」が伝えた。撃たれた人を車に運ぶ16日の映像も流した。

在キエフ米大使館は「残虐な犯罪の責任をとらせるために、あらゆる選択肢を検討する」とSNSに投稿した。ロシア軍は「映像は作り物」と否定した。

■「歯がゆい思いがしますね」

風間晋(フジテレビ解説委員)「市民とわかっていて(ロシア軍は)撃っている。これが今のウクライナで、ショッキングだ。ほかにも(市民が避難した)劇場の空爆とか、病院患者を人質にするとか、むごい事例がある」

小室淑恵(ワークライフバランス社長)「毎朝ニュースを見るたびに胸が痛い。日本ができることが何かないか、本当にあせりを感じます」

司会の谷原章介「食べるためのパンを手に入れようと並んだ市民への攻撃です。歯がゆい思いがしますね」

ウクライナ当局によると、これまでのロシア侵攻で子供108人が死亡。国連難民高等弁務官事務所は、民間人少なくとも691人が死亡と発表した。

谷原「市民の被害が拡大しています」

カズレーザー(タレント)「どうしてもウクライナ善戦のニュースが多いので、優勢と勘違いされがちな中で、多くの部分で侵略されているのだと伝える必要があります」

(あっちゃん)

関連記事(外部サイト)