<1年前のワイドショー> 最終回、小倉智昭は、立川志らくは、何を語ったか 「キャラの違い」浮き彫りに

<1年前のワイドショー> 昨年(2021年)4月からの番組改編で、午前8時台のワイドショーに大きな改編がありました。フジテレビ「とくダネ!」とTBS「グッとラック!」が、同時に終了したのです。視聴率競争の激しい中、交代することになったメインMCが最後に何を話すかにも注目が集まりました。

(J-CAST)テレビウォッチ・ワイドショー通信簿が2番組の最終回(いずれも2021年3月26日)当日に取り上げたのは、次のような内容でした。

■22年と1年半

「『とくダネ!』最終回は『小倉さん、ありがとう』一色...寺尾聰サプライズ登場には涙」は、番組スタジオに歴代のリポーターや出演者らが集合し、キャスターの小倉智昭さんの22年間を振り返った、と紹介しています。

「とくダネ!」(フジテレビ系)は1999年4月に始まり、最終回はなんと5646回目だったといいます。小倉さんが取り組んできた東日本大震災の取材など、たくさんの映像が流れ、歌手の大黒摩季さんらが生歌も披露。友人で俳優の寺尾聰さんがサプライズ登場した際には、「俺、聰が来たらダメだわ」と思わず目頭を押さえたそうです。

最後の一言は「番組をやるというのは1人ではできない。それを思い続けた22年間でした。こんなに長い間できるとは思っていませんでした。ありがとうございました」。

「『グッとラック!』最終回はギャグと自虐ネタで締める『千秋楽』に」は、メインMC・立川志らくさんが「自虐ネタ」を交えて淡々と進めた様子を紹介しています。

「グッとラック!」(TBS系)は2019年10月に始まったばかりでした。この日、志らくさんは黒紋付の正装で、「最終回というより千秋楽でございます」と落語家らしいオープニングトーク。東京五輪の聖火リレーの話題になると、「聖火に火がともっていいな。こっちの番組は火が消えんのにね」。

最後には「あと半年、1年やったら、違う番組になっていたんじゃないかという悔しさはあります。来週からは『ラヴィット!』になります。みなさんぜひご覧ください。私は見ませんけどね」と、しっかり下げたことも伝えています。

22年続いた「とくダネ!」と、1年半しか続かなかった「グッとラック!」。番組の成り立ちと二人のキャラの違いが、はっきり表れた最終回でした。

(コムギ)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?