「マイファミリー」犯人誰? 二宮和也「(聞かれたら)教えてる」深いワケ

「THE TIME,」では連休中、TBS系列で放送中のドラマの現場に潜入するという特別企画を放送している。きょう5日(2022年5月)は、二宮和也(38)主演の日曜劇場「マイファミリー」の撮影セットの秘密を取り上げた。

「マイファミリー」は、二宮演じるゲーム会社の社長鳴沢温人と多部未華子(33)演じる妻の未知留が、突然誘拐された娘を取り戻すために夫婦で立ち向かうというストーリー。娘は無事救出されて事件は解決したかと思われたが、最新話では大学時代の同級生の子どもも同一犯に誘拐されるという急展開を見せている。

■多部未華子「え?そうなの?」

横浜市の緑山スタジオには、誘拐犯との電話での交渉が行われた鳴沢家のリビングのセットがある。佐々木舞音アナウンサーが現場を取材した。

社長の家というだけあって、リビングの広さは約60畳。広い空間にぽつんといることによって、視線を感じて落ち着かない感じや、SNSに晒されているような怖さを醸し出すことを狙ったのだという。「こんなに広いセットは久々でしたね。広すぎて、引き画が怖かった。どこを切り取っても空間が多いので、サイコというか怖い感じがあった」と二宮も話していた。

ドラマに関する周囲の反応について、二宮は「この手のものって犯人が一番気になるじゃないですか。『犯人が誰なのか』と聞かれることが多いですね」と話し、「教えてくださいって人には、教えてます」と爆弾発言。隣に座っていた多部は「え?そうなの?」と絶句していたが、二宮は「僕は基本的にネタバレして面白くないものは、すべて面白くないものだと思っている。世の中が変わってきて、『知って観たい』という人も多いんですよ」と意に介さない様子で、佐々木アナが「じゃあ、あとで(教えてもらって)いいですか?」と恐る恐る聞くと、「いいですよ」と即答していた。

(キャンディ)

関連記事(外部サイト)