2000人が息を飲んで見守った「静寂ライブ」 「なにわ男子」西畑大吾の印象は?

アーティストたちが一発撮りで音楽と向き合う「THE FIRST TAKE」初の有観客ライブ「INSIDE THE FIRST TAKE」に合計8組が挑んだ。5月6日(2022年)放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)が取り上げた。

3日と4日に千葉・舞浜アンフィシアターで開催されこのイベントは、You Tubeでしか見ることのできなかった一発撮りパフォーマンスを生で見ることができる、通常とは一線を画す形式で行われた。後日You Tubeで公開されるため、各アーティストの1曲目が歌い終わるまでは拍手なしのルール。会場の全ての音がパフォーマンスとなってしまうため、物音は厳禁だったそうで、張り詰めた空気の中で観客も緊張気味。

■「VTR観てるだけで、もうめちゃくちゃ緊張しますね」

「めざましテレビ」の小山内鈴奈アナは、出来上がったばかりのステージから「THE FIRST TAKE」スタイルでリポート。ちょっと硬い面持ちでステージに上がると「特別にステージに立たせていただきました。無駄をそぎ落としたシンプルなステージです。クラッとするような緊張感を味わっています」などと報告。OKが出ると「私なに言ってました?」と一気に脱力していた。

このVTRをスタジオで見ていた井上清華アナは「緊張してる!(笑)」、「なにわ男子」の西畑大吾さんは「こうなりますよね」とコメントしていた。

番組は、パフォーマンス後のアーティストたちの感想も紹介。Creepy NutsのR-指定さんは「どっと疲れましたね。こんな未知の体験ないで!ホンマ楽しかったです」。yamaさんは「自分が感じている緊張を、ひりつくような空間を皆さんと共有できたのがとても嬉しかったです」。miwaさんは「こういう音楽の届け方がいつかスタンダードになって、みんなが楽しめるものになるのかな、なんて思いました」と話していた。

軽部真一キャスター「およそ2000人が息を飲んで見守る前代未聞の静寂ライブ。西畑くん、どう?」

西畑「VTR観てるだけで、もうめちゃくちゃ緊張しますね」

軽部キャスター「『なにわ男子』もやってみたい?」

西畑「『サチアレ』でやってみたいです」

井上アナ「どんな感じになるんでしょうね」

(ピノコ)

関連記事(外部サイト)