玉川徹 「誤送金、全額ネットカジノ」に疑問 「にわかには信じられない」理由

「山口県の阿武町で新型コロナウィルスの給付金4630万円を誤って24歳の男性の口座に振り込んだ問題です。この男性が『ネットカジノで全部使い切った』などと話していることが分かりました」と司会の羽鳥慎一。果たして、これは真実なのか。18日(2022年5月)の「モーニングショー」で議論になった。

ネットカジノとはオンライン上のゲームで金銭をかけるギャンブル。日本では公営ギャンブル以外の賭博行為は禁止されているが、規制があいまいなネット上ではギャンブルが合法な海外政府からライセンスを受けたとするものが多数確認でき、グレーゾーンとなっているという。

■安部敏樹「僕はどちらかと言うと合点がいった」

では、そこでなら2週間で4630万円を使うことは可能なのか?番組が無料体験版のスロットを試してみると、最初に与えられた5000ドル(およそ65万円)は5分たたないうちに消えたが...。

ITジャーナリストの三上洋さんは「これだけ短期間に一気に使うということは、色々なやり方の中で、暗号資産、仮想通貨が1番濃厚なのかなとは思います。ほかの手段だと口座開設や本人確認などの手間がかかったり、高額送金できなかったりしますから」と推測した。

玉川徹(テレビ朝日)「僕は、ネットカジノで使ったとはにわかには信じられない。別のところにある可能性も高いと思う。本人はかなり早い段階から『罪は償います』って言っているわけですよね。そしたら、罪に服して帰って来た時に残っていなきゃ意味がないわけだから。そこを疑った方がいい」

安部敏樹(社会起業家・リディラバ代表)「僕はどちらかと言うと合点がいった。最初から返さなければならないことは普通に考えれば分かる。それにも関わらずごねていたのは、4630万を種銭として、5000万、6000万、7000万にして差額を自分のところに残そうと考えたからでは」

三上さんによると、多くのネットカジノで取引履歴を出すことができる。しかし、男性がパスワードなどアカウント情報を提供しない場合は、カジノの運営事業者がある国の捜査協力が必要になり、かなりの手間がかかるそうだ。

(ピノコ)

関連記事(外部サイト)