阿佐ヶ谷姉妹らしい「地域密着」 地元洋品店で挑戦したコト

阿佐ヶ谷姉妹による阿佐ヶ谷を題材とした地域密着バラエティ「阿佐ヶ谷ワイド!!」(テレビ朝日系)。5月13日未明(2022年)放送回では、阿佐ヶ谷姉妹が普段から通う、行きつけの洋品店が紹介されました。

平日深夜に放送しているバラエティゾーン「バラバラ大作戦」に4月から加わった「阿佐ヶ谷ワイド!!」。新番組のスタートということもあり、スタッフとの一体感を出すため、お揃いのスタッフTシャツを作ることに。

■「ずいぶんお世話になっているわ」

「今日も来たわね」「今日も来たわ」と言いながら姉妹がやってきたのが、阿佐ヶ谷北2丁目にある「マリヤ洋品店」です。

「阿佐ヶ谷マダムのファッションリーダー、マリヤ洋品店さん。私達が本当に普段からお世話になっています。コントのお衣装だったり、インナー、ストッキングから靴下から...」と、姉の渡辺江里子さん。

店内はいわゆるザ・洋品店という感じで、天井から床までびっしりと洋服が飾られています。

「お帽子も欲しかったじゃない、美穂さん」「フェイスタオルとか、おしぼりとか、ずいぶんお世話になっているわ」と、姉妹はかなりの品物をマリヤ洋品店で購入しているようです。

「スタッフも含めてみんなで着るTシャツを作りたいと思っているんです」と江里子さん。

「たまに商店街のTシャツも作っていますので。こちらに色見本もあります」と店主の細田さんが20種類以上のTシャツの色見本を見せてくれました。

「私達の定石で言うと薄ピンクじゃない」と江里子さん。「だいたいスタッフさんって、日焼けしていて黒いじゃない、みなさんピンク着られるのかしら?」と妹・木村美穂さん。

スタッフの皆さんにも意見を聞き、ベースとなる色は水色に決定しました。

■「色使いがきれいね」

Tシャツには、2人が描いたイラストをプリントすることに。阿佐ヶ谷北1丁目にある絵画教室「菅沼アトリエ」で菅沼先生に教えていただきながら作品を仕上げてマリヤ洋品店にあずけ、2週間後に完成。

江里子さんデザインのTシャツは、江里子さんと美穂さんの顔が右左で混ざっている人物の笑顔がプリントされたもの。

「悪くないじゃない」という美穂さんの言葉に「私、あの絵がTシャツになって大失敗してないかなと眠れない日が続いていたのよ...」と胸をなでおろす江里子さん。

美穂さんデザインのTシャツは、「アサガヤワイド!!」の文字を中央にあしらい、まわりを2人の顔イラストと水彩画でカラフルに仕上げています。

「すごい!色使いがきれいね。スタッフ勢に人気になりそうな予感」と江里子さんも絶賛。「色使いがよろしくて」とマリヤ洋品店の細田店主からもお褒めの言葉をいただきました。

他にはないような個性あふれるTシャツは、ひとりで着るには、相当な勇気がいりそうですが、スタッフみんなで着れば、番組の一体感も生まれるはず!?

(SaMi)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?