来日中バイデン大統領の食事予定 話題に出た老舗料亭と「広島のお好み焼き」 (めざまし8)

昨日22日(2022年5月)に初来日した米バイデン大統領。これに合わせて都内は警察官1万8000人が動員される厳戒態勢となった。23日の「めざまし8」は、警備体制の様子を取材するとともに、首脳会談のポイントを詳しく伝えた。

都内の様子だが、昨日は道路が各所で封鎖され、通る車の下側を一台ごとに鏡を当てて確認を行っている。秋葉原では歩行者天国が中止、羽田空港第一ターミナルはゴミ箱がすべて封鎖されている。迎賓館に近い新宿区の公園では、「警備のため利用が一時制限されます」という看板が立てられていた。

■日米首脳会談のポイントは?

厳重な警戒体制の中、バイデン大統領を乗せた専用機エアフォースワンが午後5時過ぎに横田基地に着陸、大統領はヘリコプターに乗り換えて都心へと移動した。

大統領の移動を一目見ようと、霞ヶ関の交差点には30人ほどのカメラを構えた人だかりが。お目当ては大統領の専用車「ビースト」で、中には朝の8時半から場所取りをしていた人も。しかし、大統領の車列が通過する直前に、警察車両が視線をふさぐように停車。あわてて場所を移動するが満足のいく写真は撮れなかったようだ。

バイデン大統領の予定だが、今日は午前中に天皇陛下表敬と日米首脳会談、午後にはインド・オーストラリアを加えたクアッド首脳会談と夕食会が予定されている。

橋下徹(弁護士)「アメリカ大統領が来日したときにはこういう警備になります。ビーストが2台あるのは、本来どちらに乗っているかわからないようにするのですが丸見えでした。日本を信頼しているのかな」

西岡孝洋情報キャスター「どういったお店でどういった食事をしたかも話題になりますが、今回は八芳園の老舗料亭が検討されています」

MCの谷原章介「日本にいらしてハンバーガー出すわけにはいかない」

井上咲楽(タレント)「広島のお好み焼きをふるまいたかったという報道をみたが、警備の関係で八芳園になった」

首脳会談では、ロシア、中国、北朝鮮への対応など、安全保障も大きなポイントとなる。

橋下徹「日本の安全保障を強化していく首脳会談。日本はアメリカの核に守ってもらっている現実がある。岸田さんは広島出身で、さらに日本には非核三原則があるが、中国ロシアの状況をみるとアメリカの核の力を借りなければいけない。『持ち込ませず』についてはごまかしをせず真正面から議論が必要」

井上咲楽「防衛について考えなければいけない中で、核を持つことは抑止力になると思うが、日本としては難しい問題だと思う」

谷原章介「逃げずに議論することが大事かなと思います」

(みっちゃん)

関連記事(外部サイト)