ちむどんどん デスク・田良島に「怒られたい」 「いい上司」「気遣いできる」と高評価

NHK朝ドラ「ちむどんどん」で、ヒロインの比嘉暢子(黒島結菜さん)がアルバイトを始めた東洋新聞社学芸部のデスク、田良島甚内(たらしま・じんない、山中崇さん)の人気が急上昇中だ。(ネタバレあり)

6月1日(2022年)放送回では、青柳和彦(宮沢氷魚さん)が、著名人が人生最後に食べたい思い出の食について語る人気企画「我が生涯最後の晩餐」を「僕に書かせてください」と甚内に直談判する。

■「料理も新聞記事も同じ」と暢子を諭す

「最近の『晩餐』は、単なる成功者の美食自慢になっていると思います。もっと『食は文化』という視点に立って、読者に共感を得られる深い記事を書くべきだと思います」

と、イタリアの料理人、アレッサンドロ・タルデッリ(パンツェッタ・ジローラモさん)にインタビューしたいと申し出た和彦に、甚内は「わかったよ。そこまで言うんならやってみろ」と承諾した。

一方、新聞を読んでも「やっぱりうちには料理のほうが向いてるかと...」と気乗りしない様子の暢子には、

「料理も新聞記事も同じ。料理は、一番食べてもらいたい誰かを思い浮かべて、その人のために作るだろ。新聞も、一番伝えたい誰かに向かって書く。今この記事を、この思いを、誰に伝えたいか。それが一番大事」

と諭し、「読みやすい記事から読んでみる」ことを勧めた。

タルデッリへの取材は実現したが、インタビューの終わり際、人生の最後に食べたいものとして「ピッツァ・マルゲリータ」を挙げたタルデッリに、和彦が「どんな思い出があるんですか?」とたずねると、タルデッリは「ありがとうございます。楽しかった」と話を切り上げてしまった。

■「新聞はお前の意見発表の場じゃない」

インタビューの原稿を読んだ甚内は、和彦に

「これのどこが新しいんだ?イタリア北部ミラノ出身の料理人が何でピザなんだ?ピザはイタリア南部の料理。北部出身のタルデッリが強い思い入れを持つのは何らかの理由でもない限りおかしい」

と指摘。

「いつどこで誰とピザを食べたか、なぜ最後の晩餐にしたいのかは聞いてるよな?」との質問に、和彦が「聞いたんですが、答えてくれなくて。時間も超えていたので...」と答えると、甚内は立ち上がり「それを聞き出すのが俺たちの仕事だろ」と声を張り上げる。

「新聞はお前の意見発表の場じゃない。この企画はまず、アレッサンドロ・タルデッリという人間を読者に伝えられるかどうかだろ!」と原稿を和彦に投げつけ、「追加取材を申し込め」と指示。慌てて動き出す和彦を、暢子は心配そうに見ていた。

甚内の仕事に対する厳しさが垣間見えた回だったが、その姿勢が好感を得ているようだ。ツイッターなどでは

「田良島デスク、パキパキしてていいなぁ 気遣いできるし無駄なこと言わないし。見かけはぶっきらぼうぽいけど、優しいし。仕事出来る人って感じ」
「田良島さん、新聞の読み方を暢子に教えたり和彦くんの記事に何が足りないのか指摘したりいい上司だな」
「田良島さんカッコいい!!ステキ!!私も早口アドバイスされたり怒られたりしたい」

といった声が上がっていた。

(TT)

関連記事(外部サイト)