井上尚弥、「世界戦」当日に空き巣被害 安住紳一郎アナ「本当に悪いことを考える人がいる」

「本当に悪いことを考える人がいると思います。世界戦をやっていることを知って空き巣に入ったんでしょうか」と、けさ9日(2022年6月)の「THE TIME,」で司会の安住紳一郎は嘆いた。

■試合観戦のため家族も留守

杉山真也アナ「プロボクシングバンタム級の3団体王座統一を果たした井上尚弥選手が、試合当日に空き巣被害にあっていたことがわかりました。おととい7日午後4時半ごろ、神奈川県内にある井上選手の自宅の警備会社のアラームが作動、警察に通報がありました」

警察官が駆け付けると、室内にあった高級バッグや貴金属など十数点が盗まれていた。被害額は数百万円という。警察によると、玄関ドアがこじ開けられていて、白い車に乗って逃げる男2人組が目撃されている。試合観戦のため家族も留守だった。

井上選手はSNSで「ニュース見たけどさ、めでたい日に胸糞悪い話しだよね、、みんなも気を付けて!!」と書いている。

井上選手はこの日の試合で、WBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒、TKO勝ちして、日本人で初めてWBAスーパー、国際ボクシング連盟(IBF)との3団体統一王者となった。

(カズキ)

関連記事(外部サイト)