「おとり広告」スシローの言い分 羽鳥慎一「毎日売り切れ、ちょっとどうなんだと」

回転ずしのスシローがテレビやネットで広告しまくった「濃厚うに」や「とっておきのかに」が実はほとんどの店で提供されず、なのに広告を続けていたと公正取引委員会や消費者庁から再発防止を命じられた話題。10日(2022年6月)の「モーニングショー」は、景品表示法違反のおとり広告として取り上げた。

去年9月から12月に行われた期間限定キャンペーンだったが、公取委は「全国600店舗中90%をこす店で終日提供できない状態が1日以上あった」とした。中には最初から販売していない店もあったという。

■「予想を上回る注文があった」

お客からの苦情で発覚したらしいが、スシローといえば回転ずし業界で売り上げが10年連続トップ。「影響の大きさを重く見ての措置命令」(染谷隆明弁護士)だ。

司会の羽鳥慎一「スシロー側は予想を上回る注文があったとの主張です。毎日売り切れとは、ちょっとどうなんだと思われてもしようがない」

長嶋一茂(スポーツキャスター)「朝から腹減る話題なんだけど、社内コミュニケーションの行き違いがあったか、もし確信犯なら詐欺まがい。ちゃんとしないと範を取り戻せない」

廣津留すみれ(バイオリニスト)「ポスターに売り切れご免と書いてますけど、予想できたはずです」

CMを信用してお客は行く。ウニ食べたいよ、そりゃあ。

(あっちゃん)

関連記事(外部サイト)