「マイファミリー」犯人判明に「また疑ってごめんなさい」 「演技上手すぎ」と称賛と謝罪の声

日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)最終回が、6月12日(2022年)に放送された。(ネタバレあり)

鳴沢家の勝手口で巡査の梅木司(那須雄登さん、美 少年/ジャニーズJr.)が倒れていたことから、警察は温人(二宮和也さん)と東堂樹生(濱田岳さん)の行方を追う。捜査の指揮を執る管理官の日下部七彦(迫田孝也さん)に、葛城圭史(玉木宏さん)は度々鋭い視線を送っていた。

■「これじゃあ手柄になんないなぁ...」とポツリ

鷲尾千草(山田キヌヲさん)に阿久津実咲(凛美さん)の通信履歴を取り寄せさせていた圭史に、吉乃栄太郎(富澤たけしさん、サンドウィッチマン)が近付いてきて「警察内部を疑ってるのか?」と声をかける。圭史が「日下部管理官がタブレットを梅木1人に取りに行かせたのが気になります」とこぼすと、栄太郎は「目星は日下部か...」とつぶやく。

「このまま鳴沢や東堂が逮捕されれば、日下部管理官の筋読み通りの結末になります。そして手柄を手に入れる。一生涯の出世が約束される大勲章」

と推理を展開する圭史に、栄太郎は圭史が正式に捜査を外されたことを告げ、「気持ちのいいもんじゃねえな、家族を疑うっていうのは...」と立ち上がって圭史の肩を叩いた。

しかし温人と圭史らの連携により、栄太郎が真犯人という真実に辿り着いた。東堂亜希(珠城りょうさん)との不倫の証拠写真を保存していた心春(野澤しおりさん)のスマートフォンを取り上げようとし、揉み合った際に心春が階段から転落し死亡。それを隠すためにもういない心春を誘拐したと見せかけていた。

実咲は小学生当時、心春から相談を受けて写真を自分の端末に保存していた。栄太郎が阿久津家に来た時に不倫の写真の人物だとわかり、栄太郎に個人的に連絡。心春について問い詰めたことで、実咲も誘拐したのだった。

圭史は実咲のパソコンとタブレットが見つかっていないと言った際、栄太郎が「タブレット?」と反応した時に栄太郎に違和感を覚えたこと、実は七彦にだけ相談していて、実咲の通信履歴に栄太郎の連絡先があったため真犯人だと確信、栄太郎確保のために極秘で動いていたことを明かした。

圭史が本部に

「マル被は吉乃栄太郎。この事実を包み隠さず、警察発表で即刻開示してください。我々警察が面子のために東堂心春さん誘拐事件をきちんと調べなかった結果、多くの犠牲が生まれました。この事実を我々は重く受け止めるべきです」

と連絡する中、七彦はサンドイッチを食べながら「これじゃあ手柄になんないなぁ...むしろマイナスです」とつぶやいたのだった。

■「ずーっと疑ってしまいました」

事件解決後、七彦は圭史と司を引き連れて「終わったらやろうって言ったでしょ!」と「合コン」を開催していた。司がセッティングした相手はハルカナの立脇香菜子(高橋メアリージュンさん)と社員3人(トリンドル玲奈さん、朝日奈央さん、福田麻貴さん/3時のヒロイン)、そして備前雄介(渡辺邦斗さん)だった。

「色々とご迷惑をおかけしたので、お詫びも兼ねて」と説明する司の横で、七彦は雄介を見つめて唖然とする。「あ、これって、そういう会でした...?」と戸惑う雄介に、七彦は「いやいやいやいやいや」と取り繕って笑い、司の背中を叩いて「イス〜!」と促し、場を笑わせたのだった。

七彦については、最終回直前の第9話(6月5日放送)で一気に出番が増えたこと、突然捜査にやる気を出し始めたように見える不自然さなどから、ツイッターなどで誘拐に絡んでいると疑う声が目立っていた。

七彦役の迫田さんは「真犯人フラグ」(日本テレビ系、21年10月〜22年3月放送)でも、演じた日野渉が最後まで疑われたが、どちらも大方の予想を裏切る結末となった。

放送終了後、迫田さんのツイッターあてに

「先週まで絶対日下部さんが犯人だと疑ってましたごめんなさい!!!笑」
「出世のためにあんなに頑張ってた日下部さんをたくさん疑ってほんとに申し訳ないです」
「真犯人フラグでもマイファミリーでもずーっと疑ってしまいました 演技上手すぎて最高です」

など、疑ってしまったことを謝るコメントが相次いで寄せられた。

(TT)

関連記事(外部サイト)