台風に伴う災害、自分の地区は大丈夫? 危険度チェックできるサイトを紹介 (杉山真也アナ)

5日(2022年7月)午前6時前、台風4号が長崎県佐世保市付近に上陸した。今日の「THE TIME,」は各地からの中継を交えながら、今後注意すべきポイントを伝えた。

台風4号の特徴だが、台風の東側に暖かく湿った空気が流れ込むことで、離れた場所でも荒天になること。昨日4日には、台風本体から遠く離れた東北や北海道でも局地的に大雨や雹が。富山県南砺市では、7月の観測史上最大となる12時間雨量176.5ミリを記録した。

■長崎からの中継も

高知県では、須崎市で午前1時までの1時間雨量が86ミリを観測するなど大気の状態が不安定となり、未明には線状降水帯情報が発表された。宮崎市内の住宅地では、住宅地が冠水し、通行人の足首がかくれるほど。日南市では土砂崩れが発生した。

中継では、長崎からNBCの岸竜之介アナウンサーが「長崎港に来ています。20分ほど前から雨が降り始めました。雲仙市付近ではレーダーによる解析で午前6時までの1時間で120ミリ以上の雨を観測しました。離島を結ぶ船は午前中は全便欠航、長崎-博多間の特急も運休しています」とリポート。高知県須崎市からはテレビ高知の京面龍太郎アナが「須崎市を流れる桜川です。今日午前1時半頃氾濫危険水位を超えました。現在、川の様子は落ち着いてはいますが、先ほどまで降っていなかった雨がまた降り始めています」と伝えた。

増田雅昭・気象予報士「今回、離れた地域でも雨が降るのが特徴です。今後、台風の勢力は徐々に落ちていきますが、勢力が弱まるということは、雨雲が外へ外へと広がってばらけるということです。温帯低気圧に変わっても雨を強く降らせる力に変わりはありません。太平洋側を中心に大雨が降りやすく、雲仙市で降った1時間120ミリの雨が、台風中心付近、離れた東側でいつ降ってもおかしくない状況が続きそうです。台風から離れた地域でも大雨の備えをお願いしたいと思います」

明日朝までの予想雨量は多いところで四国・近畿が250ミリ、東海が200ミリ、関東甲信が120ミリなどとなっている。

杉山真也アナウンサー「早め早めの備えが必要になってきますが、自分がいる場所の洪水や土砂災害の危険度を簡単にチェックできるサイトがあります。気象庁が提供している危険度分布で、カタカナで『キキクル』と検索するとすぐ出てきます。チェックしてみてください」

(みっちゃん)

関連記事(外部サイト)