「沖縄そば」はこんなに多様 ガレッジセールの2人のおススメは?

46都道府県の知られざるネタを紹介する「秘密のケンミンSHOW極」(読売テレビ、日本テレビ系)。7月7日(2022年)は、夏休み間近&本土復帰50周年ということで沖縄が特集されました。

人気の沖縄料理といえば「沖縄そば」ということで、沖縄そばを聞き込み調査。

全国的には豚のあばら肉をのせた「ソーキそば」が有名ですが、沖縄では「本ソーキ」と「軟骨ソーキ」があり、本ソーキはスペアリブを、軟骨ソーキは軟骨部分を含む部位を使用しているそう。

■カツオ派、豚骨派...

スープもあっさり味のカツオ出汁だしのほか、こってり味の豚骨ベースのスープもあり、トッピングの種類もさまざまな。かなりの進化を遂げていました。

「沖縄県民って結局100人いたら、100人好きな店があるんです。カツオ派、豚骨派は絶対分かれます。ちなみに僕は、見た目は豚骨ですけど、カツオ派です」と、ガレッジセールのゴリさん。

「僕はこってり好きですけど、その日のコンディションによって違いますね。二日酔いのときはあっさりですし、いっぱい食べたいときはこってりです」とガレッジセールの川田さん。

「僕はそば屋さんに行ったら、ミックスがあるかどうかを確かめます。本ソーキと軟骨ソーキ、三枚肉も入っているんですよ。スープは体調によってですね。その日の気持ちと体調で替えています」とDA PUMPのISSAさん。

沖縄では、その日の体調や好みによって気軽に選べるほど沖縄そばの種類が豊富。生活に沖縄そばがしっかり根付いているようです。

午前中から満員御礼の人気店として紹介されたのが「高江洲そば」で提供されている「ゆし豆腐そば」。

軽めの豚骨スープをベースに、ゆし豆腐(おぼろ豆腐)がたっぷり乗った沖縄そばです。

「二日酔いの時って、あっさりだけど、スープ系、麺系が欲しくないですか?それが全部詰まっているんです」とお店の常連さん。

やわらかなゆし豆腐がスープに絡んだやさしい味わいは、ヘルシー志向の方にも好まれそう。沖縄旅行で遊び疲れた翌日にも、おいしく食べられそうです。次の沖縄旅行でぜひ食べてみたい!

(SaMi)

関連記事(外部サイト)