教会友好団体の集会に参加 自民比例当選の井上義行氏がモーニングショーに回答した内容

「旧統一教会と政治の関係についてみていきたいと思います」と18日(2022年7月)の「モーニングショー」で司会の羽鳥慎一が切り出し、今回の参院選・比例で出馬し当選した自民党の井上義行氏を取り上げた。

井上氏は第1次安倍政権で総理秘書官を務めた。参院選の期間中に旧統一教会の友好団体主催の集会に参加した。その集会で登壇者が「うちの教会、うちの組織もたくさん問題があります。この問題を整理してくださる方が井上先生でございます。井上先生はもうすでに食口(シック、信者)になりました。必ず私たちの手で井上先生を当選に送ってまいりましょう」と訴えていた。

■「入信はしていません。賛同会員になりました」

羽鳥「国会議員もこういう集会に行くんでしょうか」

統一教会を40年取材しているジャーナリストの有田芳生氏が答える。「しょっちゅですよ。でも、今回の事件でいま一斉に多くの国会議員が写真とか大慌てで消してますよ」

井上氏は2019年は8万7946票で落選したが、今回は16万5062票を獲得し当選した。「今回の当選証書は安倍総理に報告をしたかったわけですが、遺志を引き継ぎしっかりと憲法改正をしたいと思っています」と語っていた。

井上氏に「統一教会に入信したというのは事実ですか」と聞くと、「統一教会に入信はしていません。私の政策について賛同を得たということで賛同会員になりました、会費、寄付もありません。私が支援を頂いたのは世界平和連合です」と答えた。「賛同会員」について旧統一教会に尋ねると、「所定の賛同会員書を提出し会員会報の定期購読をしている会員」と説明していた。

(一ツ石)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?