暢子の夢に暗雲 ニーニー賢秀が紹介された人物との関係 【ちむどんどん 第19週の見どころ】

比嘉暢子(黒島結菜)と青柳和彦(宮沢氷魚)の披露宴は無事に終わり、2人は「あまゆ」で新婚生活をスタート。

■独立・開業に向け...

披露宴で、独立して沖縄料理店を開業することを宣言した暢子はその準備を始める。「アッラ・フォンターナ」のオーナー・大城房子(原田美枝子)や義母となった重子(鈴木保奈美)もその夢を応援しているが、物件探しや資金の調達など、やらなくてはならないことは山積みだ。

一方、兄・賢秀(竜星涼)は沖縄・やんばるにいた頃からの腐れ縁である我那覇良昭(田久保宗稔)と再会。黒岩という人物を紹介され、あるビジネスに参加することになる。しかし周りの声を聞くうちにそれが信用に価するものなのか疑問を持つ様になる。

また、小学校で給食主任を任された姉・良子(川口春奈)は、教え子たちの野菜嫌いを克服するため奮闘していた。

好条件の物件と出会うことができて開業という夢に一歩近づいた暢子だが、黒岩に開業資金を渡してしまう。そしてその直後、黒岩が賢秀を騙していたことが判明する。

開業資金を失い、独立をあきらめようとする暢子。見かねた良子と良子の夫・石川博夫(山田裕貴)は、暢子にある提案をする。

関連記事(外部サイト)