ソウルで日本人女性信者4000人が抗議デモ 谷原章介「なぜこのタイミング」

西岡孝洋アナが「8月18日(2022年)早朝、旧統一教会の教団本部がある韓国・ソウル近郊にバス約50台が集結しました。バスから降りてきたのは多くの日本人女性信者でした。そんななか、ソウル市中心部では、日本人信者らおよそ4000人による抗議デモがありました。なぜ今、抗議デモが行われたのでしょうか」と切り出した。

バスから降りた日本人女性信者たちは建物に入っていく。そこで行われていた集会の壇上には、「マザームーン」こと韓鶴子総裁の姿があった。参加者によると韓総裁は演説で「日本の今の状況は時がたてば過ぎていく。頑張りましょう」などと激励したという。

■合同結婚式で韓国に渡った女性たちが集結

20年近く旧統一教会問題を取材しているジャーナリストの鈴木エイト氏はこの集会について「日本人女性たちに、"真(まこと)のお母さま"すなわち韓総裁が望んでいることだと、モチベーションを焚きつけるために現れたものだと思います」と話す。

建物を出た4000人ほどの信者たちは14時から抗議集会を行った。白と水色のお揃いのサンバイザーをかぶり、手には「人権弾圧を許すな」と書かれたプラカードを持っていた。壇上に立った男性が「歪曲報道を中断しろ!」と叫ぶと、集まった人たちはシュプレヒコールで応じた。彼女らは「サタンの試練に負けないぞ」と歌を歌ったあと、日本大使館近くの大通りを行進した。そのほとんどが合同結婚式で韓国に嫁いだ日本人女性だとみられている。行進する女性たちに話しかけても無視され、警備員に「インタビューはダメだ、ダメダメ」と取材を止められてしまった。

鈴木氏は「日本では連日、統一教会の問題を取り上げていることで、世論の非難の高まりが教団に向き、それによって解散命令に発展することを恐れているのだと思います。日本人の女性信者たちにこういう行動をやらせることが日本の状況を変えることにつながると考えて、同じ日本人の中からこういう批判が出ているという絵がほしかったのだろう」と話す。

CBSテレビの記者は「参加者がコメントをしないのは、教団から訴えられ、巨額の訴訟になることを恐れている可能性がある」と指摘した。

司会の谷原章介が「観光バスのような大型バスで4000人以上の日本人女性信者が集まりましたが、なぜこのタイミングで、なぜここまでの数を集められたのでしょうか?」と問いかけると、鈴木エイト氏は「集まったのは合同結婚式で韓国に渡った女性たちですね。日本の批判報道を改善したいのだと思います」と答えた。

谷原がさらに「集まった日本人信者を見ると、年齢層が高いように見受けられますが」と聞くと、鈴木氏は「古い時代に韓国に渡った人は相当の人数になる。20代30代の女性もいるが、この日はいなかったようだ」と答えた。

■西岡アナ「世界中の施設は日本からの資金で運営されている」

西岡アナが韓国の教団本部と日本の支部を比較し、信者数は日本が60万人、韓国が30万人と言われていると紹介。しかし鈴木氏は「公称は60万人だが、実際は10万人程度です。一昨年教団がプロジェクトを発表した際に、10万人信者と言っている」と訂正し「韓国では日本ほど問題視されていない」とも付け加えた。

旧統一教会の世界中の施設は日本からの資金で運営されていると西岡アナは説明し、その理由として教団の教義に日本はかつて韓国にひどい行いをして、その償いをすると書かれていたからだという。例えば経典にしても韓国では書店で1万8000円で売られているが、日本では140万円を献金した人に贈呈される。

フジテレビ解説委員の風間晋は「経典を売り物だというと非課税の対象にならない。宗教法人の非課税は教団にとっては大きなうま味になっていると思う。そこを何とかできないものかと思いますね」と指摘。

お笑い芸人のカズレーザーは「信者が自分のお金をどう使うかは自由ですが、それが公益につながらないのであれば課税の対象にするのが普通です。課税の対象になれば、日本で集金するうま味も減るから、今みたいな激しい集金ノルマも減っていくかもしれない」とコメント。

ニュースメディア「ウートピ」編集長の鈴木円香は「マスコミが旧統一教会の問題を取り上げることは大事だが、批判が高まると彼らはそれを迫害と捉え、より結束を高めて分断が広まってしまう。その点も考えて報じるべき」と話した。

谷原は「マスコミが報じないと暗黒時代に戻ってしまう面もある。苦しみながら脱出したいと考えている信者を受け止めることも大事」とコメントした。

(バルバス)

関連記事(外部サイト)