広末涼子と神木隆之介が親子役 朝ドラ「らんまん」に「泣いてる」「安心感」のワケ

2023年度前期放送のNHK朝ドラ「らんまん」高知編の出演者が、8月26日(2022年)に発表された。

高知編には、神木隆之介さん演じる主人公の槙野万太郎のふるさとの家族など、万太郎の人生に大きな影響を与えるキャラクターが登場するという。

■「朝ドラ初は知らなかった」

万太郎の母、槙野ヒサ役は、俳優の広末涼子さんが務める。広末さんの朝ドラ出演は初となる。

ヒサは「病弱ながらもやっと授かった万太郎のことを誰よりも慈しむ。植物が好きな万太郎の成長を温かく見守る」という役どころだ。

広末さんは「牧野植物園には小さいころ、何度も足を運びました」と、万太郎のモデルとなった植物学者、牧野富太郎の記念施設に縁があるそうで、「舞台が自分の生まれ育った高知県という部分でも楽しみにしています」と、出身地が舞台の作品に出演することへの喜びも語っている。

息子役の神木さんについては、神木さんが小学生の頃に初めて共演したといい、

「あのころのピュアな眼差しを失っていない彼だからこそ演じられる、槙野万太郎像を見られることが本当に楽しみで期待しています」

とコメントしている。

広末さんと神木さんはドラマ「11人もいる!」(テレビ朝日系、2011年10月~12月放送)でも親子役を演じたということで、ツイッターなどでは

「神木くんのお母さんが約10年ぶり?に広末涼子さんで私泣いてる」
「ほんま安心感しかない」

と、再び親子役での共演に喜びと期待の声が上がっているほか、「まさかの朝ドラ初は知らなかった」「もう出演してるイメージがあったから意外だな」など、広末さんが朝ドラ初出演ということに驚く人もみられた。

高知編のキャストには広末さんのほか、志尊淳さん、島崎和歌子さん、寺脇康文さん、松坂慶子さんらが名を連ねている。

(TT)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?