「オールドルーキー」聡太(増田貴久)&塔子(芳根京子)の「その後」が気になる 「スピンオフ待ってます」

日曜劇場「オールドルーキー」(TBS系)最終回が9月4日(2022年)に放送され、深沢塔子(芳根京子さん)と梅屋敷聡太(増田貴久さん、NEWS)の関係に注目が集まった。(ネタバレあり)

社長の高柳雅史(反町隆史さん)から解雇と今後スポーツマネジメントに関わらないことを言い渡され、新町亮太郎(綾野剛さん)がビクトリーを去った。

■「ちょっと寝ないでよ」と頭ポンポン

城拓也(中川大志さん)と外回りの途中、自転車に乗ってデリバリーの仕事をしている亮太郎を見かけた塔子は、その日の夜に聡太とワインバーを訪れる。

亮太郎について聡太に打ち明けた塔子は、「颯爽としてた。しかも、楽しそうだった。もっと落ち込んでるもんだと思ったのに...」とやりきれない様子でこぼす。そんな塔子の横顔を、聡太は隣からじっと見つめていた。

その後ワインを一気飲みし、「うー」とうなってテーブルに突っ伏してしまった塔子に、聡太は「ちょっと寝ないでよ、塔子ちゃん!」と声をかけつつ、穏やかな表情で頭をポンポンと撫でるのだった。

海外チームへの移籍を目指すJリーガーの伊垣尚人(神尾楓珠さん)は、ビクトリーとの交渉が決裂し、ビクトリーを去ることに。塔子が「新町さんのところに行くんですか?」とたずねると、雅史が「彼に代理人は無理だ。アスリートの信頼に応える力量も経験もない」と割って入る。

塔子は「新町さんは、ちゃんとスポーツマネジメントの仕事ができていたんです!アスリートに信頼されていたんです」と言い返し、拓也も「新町さんを潰すようなことはやめてください。そんな社長は見たくありません」と反発、塔子も拓也も「辞めます」と啖呵を切って会社を出て行った。

塔子と拓也が亮太郎と合流し、亮太郎は何とか雅史から許可を得て、3人で尚人の移籍先を探すことに。仕事の後、夜に3人で食事していると、同じ店に葛飾吾郎(高橋克実さん)、真崎かほり(岡崎紗絵さん)と聡太がやって来る。

吾郎とかほりは尚人の移籍の進捗を心配するが、塔子があっけらかんと「活躍できるまで、貯金切り崩しながら、バイトでも何でもしますよ」と返すと、聡太は気に入らなさそうに「バイト!?」と顔をしかめた。

「同業者だから」(吾郎)、「社長に知られたらクビになっちゃう」(かほり)として、吾郎たち3人は店を移る。聡太は店の方を振り返り、ドアのガラス越しにビールをあおると塔子の背中を見つめた。一方の塔子も、歩き出した聡太を淋しそうに見つめていた。

■頬を指でツン

聡太は再び塔子をワインバーに誘った。聡太は「塔子ちゃん、今日、俺が誘った理由わかる?」と切り出し、

「理由は、本当は俺がこんなこと言っちゃいけないんだけど...応援してるから。最初から、上手くいくなんてことないよ。でも、あきらめずに頑張り続けてれば、きっと何とかなるから」

と塔子を励ました。

塔子が感動した様子で「梅屋敷さん...」と目を潤ませる横で、ワインを一口飲んだ聡太はテーブルに突っ伏してしまう。「うー」とうなる聡太に、塔子は「もーっ」と呆れ笑いしつつ、聡太の頬を指で押していた。

矢崎十志也(横浜流星さん)が所属するドイツのチーム、ラインハルトのGMが日本代表戦を視察。見事2ゴールを決めた尚人に、試合後「ラインハルトに来てほしい。ドイツで待ってます」と声をかけた。

尚人を海外移籍に導いた亮太郎と塔子、拓也を、雅史はビクトリーに戻すことを決める。再び3人が加わったオフィスで、社員たちは忙しなくも楽しそうに業務についた―ところで「オールドルーキー」は幕を閉じた。

序盤ではライバルとして互いにつんけんしていたが、回を追うごとに距離が近くなり、最終回では親しげなスキンシップまで見せたものの、恋愛関係への発展は描かれなかった塔子と聡太に、ツイッターなどでは

「梅屋敷さんと塔子ちゃんどうなったのか気になるな 続きみたいな」

「梅屋敷さんと塔子ちゃんのその後教えてくれー!!!!シーズン2をお待ちしております」

「梅屋敷さんと塔子ちゃんのスピンオフ待ってます...」

と盛り上がっていた。

(TT)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?