ニューヨーク市警ドラマ「ブルーブラッド~NYPD家族の絆~」を再び

「ブルーブラッド~NYPD家族の絆 ~」は、以前このコラムでも紹介しましたが、2010年からアメリカのCBSが制作する人気警察ドラマで、日本ではCS放送のFOXテレビ等で見られます。このドラマをずっと見ているのですが、最近見たのが特に面白かったので、また取り上げました。この作品の魅力は、ニューヨーク市警(NYPD)の血を受け継ぐレーガン家が、親子3代に渡りこの巨大都市で市民の安全を守り続けるために、徹底して悪を追及していくところです。ニューヨークロケの街並みも見どころのひとつですが、市警本部長の父フランク(トム・セレック)のまとめ役としての存在が大きいのです。 

■家族の危機を救ったレーガン家の合言葉

長男ダニー(ドニー・ウォールバーグ)は一級刑事で、犯人を逮捕し、長女の検事エリン・レーガン(ブリジット・モイナハン)がその事件を担当します。その裁判の途中に犯人が警官の銃を奪い、海外に逃走するための金と飛行機を要求します。犯人との交渉役がダニーになるのですが、犯人は検事が刑事の妹であることを知っていて、検事を連れて逃走しようとします。

レーガン一家に伝わる合言葉があって、それは、元NYPDの本部長祖父ヘンリー(レン・キャリオー)の頃から、家族がそれを聞いたら、「即、伏せろ」というものでした。その合言葉とは「家族を傷つけるな」で、ダニー(ドニー・ウォールバーグ)が合言葉を言った瞬間に、長女エリン(ブリジット・モイナハン)は地面に伏せました。同時に、ダニーは車に隠してあった銃を取り出し、犯人を撃ち逮捕しました。

凶悪な事件の捜査でも、厳しさと人間愛に満ちたこのドラマに感動しました。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?