ホラン千秋の手作り「鬼ヤバ弁当」 黒柳徹子「ンフフッ」「ずいぶんパランパランに」

9月29日(2022年)放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に、タレントのホラン千秋さんがゲスト出演し、自身の手作り弁当について語る一幕があった。

ホランさんはブログに手作り弁当の写真をアップしており、シンプルなタッパーに少ない品数、茶色系が多いことなどで「地味」と評されつつ、注目も集めている。具材の量が足りず「スカスカ」の日もあり、ホランさん自身も「鬼ヤバ弁当」と呼ぶほどだ。

■「体に良さそう」

ほうれん草の黒ごま和えだけが入ったタッパーを見て、黒柳徹子さんは「でも、美味しそうじゃない。体に良さそう」と褒めていたが、青菜が少量入っただけのタッパーには「ずいぶんパランパランになって...」と笑っていた。

弁当がスカスカになる理由について、ホランさんは

「小松菜をおひたしにして入れておいて、その都度タッパーから自分のお皿に、食事のごとに出すじゃないですか。最後は残りちょっとだし、このまま(弁当として)持ってっちゃっていいかなって」

と説明した。

「作るのがめんどくさかった日」の弁当として、ひじきのふりかけをかけたご飯と、納豆と生卵をパックごと持っていったという写真には、黒柳さんは「卵!?ンフフッ、ご飯と?」と驚き笑っていた。

ツイッターなどでは、

「ホランさんのお弁当はなかなか豪快」
「ホランさんの弁当の話、ハズレがなくて好き」
「ホラン千秋のお弁当好きだよー 自分が食べるんだから何でもイイのよ」

といった声が上がった。

(TT)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?