「YOKO FUCHIGAMI」から「お洒落感出す」アドバイス 安住紳一郎アナ「変えましょう。もう明日からね」

エンタメニュースの前に司会の安住紳一郎アナが「ついに来ましたね」と切り出し、「YOKO FUCHIGAMIの単独インタビューに成功しました!」と発表した。宇賀神メグアナは「うわ~、楽しみですね。私、大ファンなんで」と嬉しそうに応じた。

YOKO FUCHIGAMI(ヨーコ・フチガミ)はお笑いトリオロバートの秋山竜次(ロバート)が扮したトータルファッションアドバイザーにつけられた名前。秋山はこれまでも、天才子役やシンクロの鬼コーチ、ファッションモデルなど、多くのキャラクターに扮しているが、ヨーコ・フチガミはその中でも人気のキャラクターだ。

■「私だって世界的に有名になりたいもん」

「ジョルジオアルマーニラプリマ」ポップアップストアオープニングイベントに登場したのはトータルファッションアドバイザー・YOKO FUCHIGAMI(ロバート・秋山竜次)。その秋山が扮するヨーコ・フチガミが10月5日に伊勢丹新宿店で行われた「ジョルジオアルマーニ」が展開する期間限定ストアのオープニングイベントに出席した。

イベントで、女優の三吉彩花に「どういうふうにバッグと向き合われているのでしょうか?」と問われたヨーコ・フチガミは「バッグに何か入れて運ぶという次元は卒業しなきゃダメ。私は寒天を入れて固めたり。バッグはバッグとして使わなくていいというのが魅力です」と答え、会場を笑わせていた。

番組の単独インタビューでヨーコ・フチガミは「番組をご覧の皆様、おはようございます」と自己紹介した後「ドゥー・ユー・ライク・スポーツブラジャー?」と、それしか話せないという英語で挨拶。そして安住アナに対し「もう少しオシャレ感を出すには、安住紳一郎を逆さまにしたほうがいいと思う。シンイチロー・アズミのほうが絶対に世界的に有名になれる。で、アルファベットにしてください。で、『おはようございます、SHINICHIRO AZUMIです』って。絶対そうするべきです」とアドバイス。

VTRを見て苦笑いした安住アナは「じゃあ、変えましょう。もう明日からね。私だって世界的に有名になりたいもん」とコメントした。

(バルバス)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?