オードリー若林、パチンコにハマる 今になってなぜ?

オードリーの2人がMCを務め、今注目の有名人と「打ち合わせナシ」のフリートークを繰り広げる「あちこちオードリー」(テレビ東京系列)。10月5日(2022年)放送のゲストは、空気階段とラランド。ネタを考えるコンビの頭脳「ブレーン」と、ギャンブルに明け暮れ女グセも悪い「クズ」の組み合わせで知られる2組が、それぞれの持ち味を生かしたトークを繰り広げました。

オードリーの2人がMCを務め、今注目の有名人と「打ち合わせナシ」のフリートークを繰り広げる「あちこちオードリー」(テレビ東京系列)。10月5日(2022年)放送のゲストは、空気階段とラランド。ネタを考えるコンビの頭脳「ブレーン」と、ギャンブルに明け暮れ女グセも悪い「クズ」の組み合わせで知られる2組が、それぞれの持ち味を生かしたトークを繰り広げました。

■「そんなものが世の中にあるんだ」

パチンコにハマっていて、人生総額で5000万~6000万円は負けているという空気階段・もぐらさん。どんなに負けてもパチンコをやめない理由を「服買ってるのと一緒なんで。ブランドものに5~6000万円かけましたって言ってるのと同じ。服も着たら捨てるじゃないですか。結局手元に残らない。手元に残るものって、この世にないんです」と熱弁するもぐらさんに、「着て消えるか、打って消えるかだよね。それくらいの差だよ。地球もそうです」となぜか同調するオードリー・若林さん。オードリー・春日さんは「そんな壮大な話なの?パチンコ好きってだけの話だけどね」と突っ込みますが、ここで飛び出したのが、若林さんも最近パチンコにハマっているという驚きの真実でした。

若林さんは「今から山添になりたい」と言うほど相席スタート・山添さんに憧れているそうで、「ヒリヒリワクワクすることってないじゃないですか。2万円スっても、汁(アドレナリン)出させてくれてありがとうって思う」と言う山添さんの目を見て、「そんなものが世の中にあるんだ」と経験ゼロからパチンコを始めたと言います。

空気階段・かたまりさんも「山添さんは口がうまいから、魅力を聞かされてギャンブルにハマる若手は多いんです。でもまさか若林さんほどの人がダークサイドに落ちるとは」と、若林さんの変化に驚いた様子。「あれはやばいね。よくないわ。あんなものがいっぱい街にあって」と、すっかりパチンコの魅力に取り憑かれてしまった若林さんが、パチンコ屋で12連チャンが出たせいで日向坂46の番組に遅刻した、というエピソードを明かすと、ツイッターでは「フィーバーしすぎて、ひなあい(日向坂で会いましょう)に遅刻する若様。いいかげんにしろ(笑)」「なんならその日、春日さんもち遅刻してたけどね(笑)」と両ファンが盛り上がっていました。

そんな2人の楽しげなパチンコトークを悲しげな顔で聞いていたのは、かたまりさんでした。「一生懸命ネタを作って『キング・オブ・コント』で優勝したのに、年末年始の特番を『37時間通し営業のパチンコ屋さんに行きたい」という理由で断ろうとしていた」と、もぐらさんの「クズっぷり」を暴露。

「出たいじゃないですか、年末年始の特番」と、お笑い芸人としては当然の願いを語るかたまりさんに対し、「一生に一回だけ、寝ずにパチンコを打ってみたいじゃないですか。深夜2時とか3時とかに当たるとどんな気持ちかって」と言い返すもぐらさん。「ブレーン」と「クズ」、という組み合わせを象徴する独特のやりとりが、繰り広げられていました。

ちなみに、同じ「クズ芸人」のラランド・西田さんは、あらゆるギャンブルをやるのに「パチンコやり出したら終わりだな」とパチンコにだけは手を出さないのだそう。「パチンコやってる人って、全員が同じ顔になってて、服も一緒で、同じしゃべり方」と言うと、若林さんも「パチンコ屋に行くと、大体もぐらか呂布カルマさんが交互に並んでる」と被せ、スタジオには笑いが巻き起こっていました。

(Hibunny)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?