スペイン「主力温存」説の信ぴょう性は? 「めざまし8」の直前勝敗予想

サッカーワールドカップの日本代表チームは、決勝トーナメント進出をかけたスペイン戦を前に最後の練習を日本時間のきょう0時過ぎから行った。「引き締まった表情で、長友や吉田選手には笑顔もありました」と1日(2022年12月)のめざまし8が伝えた。

■谷原章介「選手はいい顔、してましたね」

けがをした遠藤航選手は姿を現さず、酒井宏樹は室内で別メニューだったが、冨安健洋は全体練習に参加した。記者会見で「スペイン戦に100%全力をそそぐ」と冨安。浅野拓磨選手も「ここから結果を求めてやるしかない」と決意を新たにしていた。森保一監督は「勝てば称賛され、負ければ批判されるのは当たり前。全力で戦いを挑むだけだと思っています」と語った。

■司会の谷原章介「選手はいい顔、してましたね」

一方、スペインは「笑顔を交えてリラックスしていました」(練習を見てきた新島健ディレクター)と、こちらもムードが高まっていた。

スタジオのサッカー解説者、永島昭浩さんは「日本は守備を固め、スペインの弱点であるカウンター(攻撃)を活かした戦い方を」と話し、2-0で日本が勝つとの予想を強調した。

スペインは主力温存や、優勝候補のブラジルとベスト8で当たるのをさけるためにリーグ戦の2位通過を狙うとの話も海外メディアの一部にあるが、元日本代表の鈴木隆行さんは「温存はあり得ない。日本が勝つとしたら1-0」と予想した。

日本対スペイン戦は日本時間の2日朝4時にキックオフする。

(あっちゃん)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?