オードリー若林の指摘に峯岸みなみは「反省」? ツイッターめぐり交わされた意見

オードリーの2人がMCを務め、「今注目の有名人と打ち合わせナシ」のフリートークを繰り広げる「あちこちオードリー」(テレビ東京系)。3月8日(2023年)の放送は、前回好評だった「これなんで分かったの? 自作自演占い」の第2弾。峯岸みなみさん、神田愛花さん、あばれる君、の3人をゲストに迎えて、ふだん言いにくい芸能人の本音が続々と明かされました。

事前に本人が自己申告した内容を占い師が読み上げる、という斬新なこの企画。とくに盛り上がったのは、「業界関係者がフォローしている、玄人のテレビ好きのツイートが気になる」という峯岸みなみさんの本音にまつわるトークでした。

■「たしかに。応援してくれる人に対して...」

峯岸さんは裏アカウントで『玄人テレビ好き』のアカウントをフォローしているそうで、「自分がテレビに出た時に(ツイートに自分の名前が)入ってないなとか。自分が入ってない時に凪ちゃん(渋谷凪咲)とか村重(杏奈)とかが入っていると、『あー、置いてかれてるのかな。まだまだ頑張らなきゃいけないんだな』とか気になる。業界のスタッフさんって、あまり『あの子がよかったよ』とか言ってくれないから(ツイッターに)信頼性があって、私の世界が今そこになっちゃってる」とコメント。この日の収録でも、スタジオの反応よりツイッターのリアクションが気になっていると明かすと、オードリー・若林正恭さんは「ここに集中してくれよ!」とツッコミを入れつつ、「いろんな番組に呼ばれてるじゃない。それが必要とされているって答えでいいんじゃないの?」と、たしなめます。

峯岸さんだけではなく、神田さんも「朝、起きたら一番にエゴサーチをする」、あばれる君も「ツイッターでつぶやかれたい」と、ツイッターでの反応がかなり気になっている様子。若林さんは、「合ってるのかな? それがモチベーションになってるんだもんね?」と3人の気持ちに理解を示しながらも、「死ぬ時、後悔しない? ツイッターの人のためにエンタメやってたんだなって。ツイッターの人たちって、どんな人かわからないんだよね? 峯岸さんの姿見て元気もらってる人もいるわけだからさ」と、姿が見えないツイッターの人ではなく、ファンの人の方を向くことを勧めます。

これに対し、「たしかに。応援してくれる人に対して、失礼なことをしてたかもしれないですね」と深くうなずいた峯岸さん。

「ツイッターやってる奴は、絶対に墓参りにこないよ。みんな今を楽しもうよ。人生がもったいないよ」と若林さんが言い放つと、3人とも納得した様子でした。

番組終了後のツイッターに並んだのは、「ネットの意見に対する若林と峯岸みなみ・あばれる君の感覚が正反対なのが面白かった」「ツイッターでいうのもアレだけど、ツイッターなんて世間を何も反映しない場所なんだから、何も気にせずやれよw」といった書き込み。それぞれのスタンスで、ツイッターとテレビの関係を楽しんでいるようでした。

(Hibunny)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?