キングコング、1年ぶりにコンビでTV出演もオードリーに盛大にイジられ視聴者大爆笑

キングコング、1年ぶりにコンビでTV出演もオードリーに盛大にイジられ視聴者大爆笑

キングコング、1年ぶりにコンビでTV出演もオードリーに盛大にイジられ視聴者大爆笑の画像

画像:時事通信

5日に放送された「あちこちオードリー」(テレビ東京系列)。

お笑いコンビ・キングコングの2人が出演しました。

MCのオードリーと同期だけあり、近況を語り合う姿も伸び伸びとしており見ていてとても楽しい放送回となったようです。

キングコング、1年ぶりにコンビでTV出演「あちこちオードリー」で大いじりされ視聴者大爆笑

5日に放送された「あちこちオードリー」(テレビ東京系列)。

お笑いコンビ・キングコングの2人が出演しました。

MCのオードリーと同期だけあり、いつにも増して同窓会のような雰囲気で和気藹々とした空気感のスタジオ。

コンビでテレビ出演するのは、昨年、同番組に出演して以来とのことで、そこから吉本興業を退職して別別の事務所に所属することになった西野亮廣さんと梶原雄太さんに、事の詳細を尋ねます。

元々、漫才が大好きだった西野さんですが、退職に伴いコンビで漫才をしなくなったものの、YouTubeで十分に満足しており「全然不足している感じがしない」と、楽しそうに返答する西野さん。

西野さんについては、映画化もされた絵本『えんとつ町のプペル』で世界進出を狙っていることもあり、オードリー の若林正恭さんから「NISHINO」呼ばわりされるなど盛大にいじられます。

熱く語る西野さんを目の前に若林さんが「プペってんな〜」と造語で神がかりに突っ込んだかと思えば、お笑いから一抜けた感が強い西野さんへ「下から見上げる気持ちわかないだろ!」と近況を語り合う姿も伸び伸びとしており、視聴者からは

《西野さんの話を聞きながら若林さんがプペッてるって返してるのが面白すぎてお腹痛い》

《神回! 芸人西野がイジられてるの大好き》

《いやあ最高だった。 こんなずっと笑っぱなしなことある?》

《やっぱり西野さんはいじられてなんぼ!》

《キングコングとオードリーは相性抜群で面白い》

《あそこまで梶原さん伸び伸びとTVでしゃべるのも貴重》

など、見ていてとても楽しい放送回となったようです。

キングコング・梶原雄太、YouTuberとして見下された過去を笑いを交えて明かす

コンビで出演した際、西野さんも梶原さんも、今の正直な気持ちを存分に語り、視聴者をすがすがしい気持ちにさせてくれた今回。

しかし、西野さんは梶原さんのお笑いの実力について手厳しく述べ、それについて梶原さんも深い葛藤があったことを明かしました。

まだお笑い芸人がほぼYouTuberとして活動をしていないどころか、テレビ業界から圧倒的に下に見られていたYouTubeを主戦場とすることで、同業者からも面と向かって多くの批判の声を向けられた過去を振り返る梶原さん。

若林さんから「同業者(に言われること)が一番辛いよね」と声をかけられ、梶原さんは「名前は言えないですけどNON STYLE井上とか」と、批判してきた人物の実名を出し「『アメトーーク!』でボロカス俺に言ってきたくせに、思い切り(YouTubeを)始めましたから」と笑い「一言謝って欲しい!一言でいい。嫌いじゃないから。好きだから」と呼びかけ、スタジオを爆笑させました。

梶原さんは一時の陰キャが、同番組では陽キャに返り咲いており、久しぶりのキングコングとの絡みを堪能した視聴者だったようです。

(文:Quick Timez編集部) ...

関連記事(外部サイト)