ホリ、木村拓哉との初対面の印象を明かす「本当にいるんだ!」「あの人は本当に見たまんまだ」

「ちょ、待てよ」でお馴染みの木村拓哉さんのものまねを筆頭に、ウド鈴木さん、武田鉄矢さん、えなりかずきさん、城島茂さん、さまぁ〜ず大竹さん、中尾彬さん、テリー伊藤さん等、数多くのものまねレパートリーを有し長らく第一線で活躍をしているホリさん。

現在では、所属するホリプロコムの中で「ホリプロものまね軍団」を結成し、後進の指導や育成にも力を入れるなど、ものまね業界全体を盛り上げるための活動も精力的に行っています。

そんなホリさんに我々Quick Timezではインタビューを実施。

「ホリプロコムものまね軍団」の結成の経緯や今後のビジョンなどについてお話を伺ってきました。

ホリ、木村拓哉との初対面の印象を明かす「本当にいるんだ」

ーー本日は、よろしくお願いします!

ホリさん:(武田鉄矢さんのものまねで)あぁ〜はい〜。よろしくお願いします〜。

ーーすごい(笑)ありがとうございます!!では早速ですが…ホリさんの幼少期の頃のお話をお聞かせいただけますか?

ホリさん:小学校1年生の時の文集に「漫才師になりたい」って書いてて、その時は漫才ブーム等があったので、お笑いっていう言葉がよく分からなかったから全部ひっくるめて「漫才」だと思ってましたね。

お笑いが好きだったけど、普通の家庭ってなかなかお笑いをやろうっていう感覚ってないじゃないですか。

大人の意見でなれないんだって思ってたからなるつもりもなかったし、逆に出版社とか広告会社とかテレビ番組作りたいなとかっていう感じで、マスコミに進もうとは思っていましたね。

なのでそのまま大学はマスコミ専攻の学科に入って広告関係の会社に入りました。

ーー「ものまね四天王」のモノマネをされてたんですよね?

ホリさん:中学生の時ですね。

子どもの時から友達とか先生のマネをやってたりとか、人を笑わせるにはモノマネが手っ取り早かったと思います。

なので、コロッケさんとか志村けんさん、栗田貫一さんのマネとか、高校生くらいになったら松村邦洋さんのマネとかやってましたね。

ーー周りの反応はいかがでしたか?

ホリさん:そうですね、友達には結構ウケましたね。

目立ちたがり屋だったと思います、小学校中学校くらいまで。

学芸会とかも目立とうとしていたと思いますね。

ーーそこから本格的にものまね芸人になろうと思ったキッカケはありましたか?

ホリさん:大学生の時にマスコミ系を目指してはいたんですけど、20歳くらいのときにフジテレビのオーディション受けてみようと思って。

1回テレビ出て注目されたいなって思ったんじゃないですかねぇ。

でもそれが全然ダメで、その年の夏に原口あきまささんとコージー冨田さんを見て、この人たちすげぇなぁって思って。

1年後くらいにたまたま「笑っていいとも!」の企画で、松村さんが箱の中に入って誰が本人で誰が素人ものまね名人かっていうコーナーがありまして…。

(松村さんのモノマネで)「『ものまねクイズ!僕らは謎の三銃士』っていうコーナーがありまして、『出川哲郎』さんのものまねをちょうど募集してたんですね。そしたら大学の友達が、ホリ行った方がいいんじゃないかっつって。朝9時ですかね、アルタにオーディションに行ったらコージーさんと原口さんがいたんですねぇー。テレビで観たことある~ってビックリしちゃったんですけど。」

そして、その時運よく僕が出れたんですよ。

そこから別の企画でもオーディションに呼んでくれるようになったんです。

オーディション行くだけで交通費3,000円くれて、電車賃百何十円なんで良いバイトなんですよ(笑)。

番組に出たら日雇いのバイトくらいもらえましたし。

水曜日ちょうど学校があって、そこで「さっきテレビ出てたでしょ?」って言われて「まぁね。」みたいな(笑)。

その時に毎回コージーさんも呼ばれてて、「ものまね上手いからやったら?」って言ってくれたのがコージーさんですね。

でも僕もう就職決まっていたんですけど、仕事しながらやっている人もいるから1回見においでって言われて行ったのが「キサラ」で。

とりあえず就職して落ち着いたら行きますって言っていたんですけど、1年目じゃ落ち着かないじゃないですか?

その時にコージーさんと原口さんがタモリさんとさんまさんのものまねでブレイクして、俺もやりたくなってきたなぁって思って…。

お笑いライブとかに有給使って出たりとか、仕事の合間をぬってネタ見せとかオーディション行ったりとか。

ーー会社的には大丈夫だったんですか?

ホリさん:やっぱり平行はダメだって言われて結局1年で辞めました。

忘年会で散々専務のこと盛り上げて「ホリくん面白いねぇ~」って言ってたのに、次の日に辞めるって言ったからどうしたのって言われましたけど(笑)。

「ものまねってテレビの中で1番ランク下だよ。」とも言われましたね。

オーディションとかライブとか色々力試ししてからホリプロ受けたら受かったって感じですね。

それがちょうど22年前です。

ーーレパートリーは最初からたくさんありましたか?増やしていく時はどういったところから着想を得ていますか?

ホリさん:最初は15~20個くらいじゃないですかね。

事務所に入った時に、どんどん増やしていかないと在庫追いつかないぞってなって、出し渋りなくとにかく出しまくって。

当時「ここがヘンだよ日本人」でテリー伊藤さんがキレてたのが面白いなって思ってやったんですよ。

テレビ見てて面白いなって思って反復しだしたら自然と出来ていく感じですね。

仕事なので、話題の人とかこの人のものまねやっといた方がいいなと思ってやることもありますけど。

ーー基本的にイメージでやるとお聞きしたことがあるのですが?

ホリさん:その方がネタとしては良いかもしれないですね。

木村さんの「ちょ、まてよ!」とかも未確認でやってたり、えなりくんの「そんな事言ったってしょうがないじゃないか。」とかそんなセリフないですからね。

僕がやってい ...

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?