子役時代に堂本剛の弟役を演じたGroovy Rubbish・類家、辞めたきっかけについて明かす「偉い方が製作費を持ち逃げして…」

お笑いと音楽を融合した唯一無二のパフォーマンスユニット「Groovy Rubbish」。

Quick Timez編集部では、Groovy Rubbishの類家ドラマティックさん(以下類家さん)と、真野5.1ch(以下真野さん)のお2人にインタビューを敢行し、現在のスタイルの経緯や将来像などについてお話を伺ってきました。

Groovy Rubbish・類家、堂本剛の弟役を演じるも…子役を辞めたきっかけについて明かす

類家さん:最初に自己紹介してもいいですか?

ーーお願い致します!

お2人:(~♪) We Are Groovy Rubbish!!よろしくお願いしまーす!!

ーーありがとうございます!(笑)。

類家さん:これが文章でどうなるか楽しみです(笑)。

ーーこれは難しいですね(笑)。なんとか頑張ってみます(笑)。では、まずは幼少期の頃のお話からお伺いできますか?

類家さん:僕は3歳から13歳までがっつり子役をやってまして、その頃は色んな作品にも出させてもらってて、「若葉のころ」っていうTBSのドラマで堂本剛さんの弟役をやってたりとか、「スウィート・ホーム」っていう山口智子さん布施博さんが主演のドラマの、段田安則さんの息子役をやらせてもらったり…。

割と子役としては売れてました。

ーーそうですよね、その類のドラマに出られるっていうのはよっぽどですもんね!

類家さん:そうですね、よっぽどですね(笑)。あの頃はかなり売れてました。

真野さん:その頃からの芸歴入れたら…?

類家さん:今、31年目ですね。

ーーすごい(笑)。そこからどうお笑いに転向されたんですか?

類家さん:まず子役を辞めたキッカケがあって、中学1年生の時に僕主演の映画があって…。

沖縄で撮影して舞台挨拶して全国で放映しますっていう時に、総指揮の偉い方が制作費を持ち逃げしまして、沖縄の2館だけでの放映になっちゃったんですね。

それで大人を信じられなくなって子役を辞めるっていう選択をしたんですけど、その映画のタイトルが「ぼくの選択」っていう…(笑)。

ーーすごいキッカケですね!!

類家さん:あとは野球がやりたかったっていうのも正直あって、高校3年生までがっつり野球をやったんですけど。

そこから高校の同級生とお笑いの話とかを結構するようになって、大学卒業してお互いにやりたいことなかったら芸人になろっかって冗談ぽく言ってたんですよ。

僕、国語の先生になろうとしてたんですけど、やっぱり芸人にやりたいなってなって、同級生に「芸人やろうよ。」ってメールしたら10秒くらいで「いいよー。」って返って来て。

そこで養成所に入ろうと決意した感じですね。

ーーめちゃくちゃ選択してますね(笑)。真野さんはいかがですか?

真野さん:僕は、実家がすごく貧乏だったんで家が結構ボロくて。

地震が来た時に宮城の実家から電話がかかって来て、築50年くらい経ってたし海沿いなのでもうダメかなと思ったんですけど、親が「家具とかは倒れたけど、家自体は地震前と後と何も変わらず全然大丈夫だったよー。」って言ってて。

そこから1週間後くらいにまた電話かかってきて、「国の調査が入ったんだけど、半壊って判断された。」って(笑)。

ずっと半壊の家に住んでたんだなぁって。

ーーそこからお笑いにはどのように?

真野さん:中学3年生くらいの時に「爆笑オンエアバトル」が流行ってて、なんかそれが残ってたんです。

僕中卒なんですけど…。

15、6歳くらいの時からずっと働いてて、このままだとなんかヤンキーみたいになってくなと思って、これはもう一発逆転するしかないなって…。

22歳くらいの時に芸人で一花咲かせようと思って出てきた感じですね。

類家と同い年なんで大卒組のフリして(笑)。

ーーでは、お笑いをやるために上京された感じなんですね。他にも養成所がいっぱいある中でJCAを選ばれた理由は?

類家さん:僕らの時は、吉本のNSCがバーンって感じだったんですけど、吉本ではないなっていうのは何となくあったんですよね。

吉本は教壇に立って笑いをとりに行くタイプで、僕らは窓際の一番後ろで4、5人の笑いを取るのが喜びみたいなタイプだったんで、雰囲気的にも人力舎が合うのかなって。

おぎやはぎさん、ラバーガールさん、アンジャッシュさんとか好きな方も多かったし、結構コントが好きだったので。

ーーそれこそオンエアバトル世代ですね。ご自身のカラーを踏まえて選ばれたんですね!

類家さん:っていうのはカッコつけで、実際は「吉本怖ぇな。」っていうのが正直なところですね(笑)。

...

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?