駆け抜けて軽トラ・餅田コシヒカリ「クセのある役とかで…」女優業に興味津々

4月29日に単独ライブを開催するお笑いコンビ・駆け抜けて軽トラ。

餅田コシヒカリさんは、加藤綾子アナに似ているということでブレイクを果たしましたが、現在は、昭和ポルノの世界を表現したコントに注力するなど、脱”カトパン”を目指しているとのこと。

そんな駆け抜けて軽トラのお2人に、Quick Timez編集部ではインタビューを敢行。

様々なお話を伺ってきました。

本記事では、インタビューの後編をお送りしますので、前編をご覧になっていない方はこちらからご覧ください。

駆け抜けて軽トラ・餅田コシヒカリ、女優業に興味津々「クセのある役とかで…」

ーー今すでに色んなお仕事をされてると思いますが、今後やってみたいお仕事などはありますか?

餅田さん:そうですね、ニヤニヤしちゃいますね(笑)。

結局やっぱり女優のお仕事は心のどっかでやりたいみたいで、今も映画とかドラマとかちらほら出させていただいてるんですけど、やぱりすごい楽しくて。

お笑いで売れたいっていう気持ちももちろんあるので、お笑いで売れきったらクセのある役とかで女優さんもでたらなって。

あとは、洋服のブランドを立ち上げたいなとか。

ーー最近芸人さんから俳優さんになられる方多いですもんね!

餅田さん:そうですね、売れたら出られると思ってるのでまずはそこを目指してます(笑)。

ーー小野島さんはいかがですか?

小野島さん:まずは賞レースというかネタで面白いなって思われるようなコンビになりたいですね。

その先は今のところはあまり考えてないです。

僕も映画とかドラマとか出て行けたらなぁとは思いますね。

餅田さん:なんか昭和ポルノ作品とかの監督したらいいじゃないですか?

小野島さん:この間、不倫モノに出演させていただいたんですけどね。

その流れで監督できたらなとか思います(笑)。

日活ロマンポルノは出たいですね。

ーー今のところオファーはないですか?

小野島さん:ないですね!今のところその仕事が一番近いかなと思うんですけどねぇ。

餅田さん:意外と仕事に繋がってないんだよね、あんなにバズったのに(笑)。

オファー、お待ちしてます(笑)。

ーー「キング オブ コント」は意識されてますか?

小野島さん:そうですね、まずは決勝に出て…。

まぁ大真面目な話、決勝でインパクトを残したいですね、ドカーンと。

餅田さん:なんだこいつら!ってね。

ーー男女コンビならではの苦悩みたいなものはありますか?

小野島さん:そうですねぇ…。

昨日もエレベーターで2人で喋りながら稽古場行ったら、近くにいた作家さんにビックリされて。

そんなに仲良く話しながら来るんだみたいな。

餅田さん:コンビによってはそんなに話さなかったりするみたいですけど、結構話しますね。

小野島さん:今もここに来るまでに一緒にカラオケにいましたし。

ーーえー!!!(笑)。

餅田さん:4時間くらいいましたよね、フリータイムで(笑)。

ちょっとネタやったり爆睡してたり、ずーっと歌ってたり(笑)。

ーー歳の差もありますよね?

小野島さん:7つ違いますね。

餅田さん:私の感覚としては、お兄ちゃんって感じですね。

私の事は弟って思ってるんでしたっけ?(笑)。

小野島さん:そうだね、親戚の年下の男の子みたいな。

ーー4月29日の単独ライブの意気込みなどあればお聞かせください!

小野島さん:昨年もやらせていただいて、そこでやったネタをテレビでやらせてもらったりしたので、その足掛かりというか、この単独ライブでやったネタが年末年始にテレビで僕らが発表するネタになると思うので、その“種”みたいなものを皆さんに観ていただきたいなという気持ちです。

1回目は本当に大変だったんですけど、2回目は勝手が分かってきたので…。

ね!?感じますよねあなたも!

餅田さん:え、なんですか(笑)。

前回は、初めての単独ライブだったし、ネタを7本続けてやったこともなかったんですよ。

それもあって、前回は記憶飛ぶくらい意味わかんなくなっちゃってたんですけど、今回はまだ余裕があって。

小野島さん:本当に良いものも見せられる自信があるので!

ーーカトパンさんのネタはありますか?

小野島さん:それが、ないんです!前回も入り口でちょっと言ったくらいで。

餅田さん:完全にないですね。ゴリゴリに賞レースに向けたネタで。

小野島さん:やっぱりキングオブコントの準々決勝で地獄を見たので。

モノマネコントだと厳しいなっていう壁を感じてしまったので。

ーーカトパンさんご本人からは何かありましたか?

餅田さん:お会いした時にも、「えー似てるー!」って言っていただいて、神対応でしたね。

周りの大人は怖い顔してた気もしたんですけどね(笑)。

「写真撮ろうよー!」ってあちらから言っていただいたり、インスタにも載せてくださいましたし。

やっぱ ...

関連記事(外部サイト)