松本人志「BPOさんどうお考えですかね」上島竜兵さんの死去をめぐり放送業界に苦言

松本人志「BPOさんどうお考えですかね」上島竜兵さんの死去をめぐり放送業界に苦言

松本人志「BPOさんどうお考えですかね」上島竜兵さんの死去をめぐり放送業界に苦言の画像

画像:時事

5月15日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)。

この日はニュースの1つとして、今月11日に亡くなったダチョウ?楽部・上島竜兵さんについて触れる場面が。

メインコメンテーターの松本人志さんが上島さんを偲ぶ場面やBPOに対して疑問を示す意見などに、視聴者からも反響が寄せられたようです。

「BPOさんどうお考えですか?」松本人志、上島竜兵さんを悼みながらも放送業界に疑問も

5月15日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)。

この日はニュースの1つとして、今月11日に亡くなったダチョウ?楽部・上島竜兵さんについて触れる場面が。

メインコメンテーターの松本人志さんは、上島さんについて「深い付き合いというわけではないけど、長い付き合いだった。」「僕らが20歳、竜ちゃんが22・23歳。そこからほぼ40年近く。要所要所で番組に来て、盛り上げてくれた」と長い付き合いであったことを語ります。

思い出に触れたことで気持ちがこみ上げたのか、「ちょっと、ごめんなさい…岩井に振ってくれる?」と、ゲストコメンテーターで出演していたハライチ・岩井勇気さんに話を振り、途中で言葉をつまらせ涙ぐむ場面も。

また、松本さんは上島さんが自殺したことについて「理由は1つじゃないでしょうけど、ダチョウ倶楽部の芸や笑いがテレビでやりづらくなっていて。ジレンマとか、痛みを伴う笑いがダメと言われてしまうと、熱湯風呂とか熱々おでんとかできないじゃないですか」と、現在のお笑いに関する放送業界の規制の厳しさについても私見を述べます。

「僕はあの(ダチョウ?楽部の)芸が有害なんてちっとも思わないし、それだけが理由とは思わないけど」「BPOさんどうお考えですかねって思ってしまいますね」と、疑問を呈する場面も見られました。

40年以上の共演歴 松本人志と上島竜兵さんの関係性とは

この日、亡くなったダチョウ?楽部・上島竜兵さんを偲んだ松本人志さん。

そんな松本さんと上島さんですが、松本さん本人が振り返ったように「『ひょうきん予備校』(フジテレビ系)って番組のレギュラーのときから40年近く」の長きに渡る共演歴があったそう。

ダウンタウンの2人が1963年生まれ、上島さんが1961年生まれと年齢が近いこともあり若い頃から一緒にお笑い界を盛り上げてきたようです。

近年では大晦日に特番で放送されている「笑ってはいけない」(日本テレビ系)シリーズなどでの共演を続けており、松本さん本人が語る通り「深い付き合いというわけではないけど、長い付き合いだった。」と特別な関係であったことが分かります。

そんな松本さんからの上島さんを偲ぶコメントや、BPOに対する疑問に、

《なんか観てて辛かった。40年の色々な思い出が込み上げてきたんだと思う》

《BPOは本当に何を考えているのやら。 松本さんに全面同意。》

《議論もせず、何でもかんでも規制するのがおかしい世の中》

など、視聴者からも多くの反響が寄せられたようです。

(文:Quick Timez編集部) ...

関連記事(外部サイト)