千鳥ノブ「ミスチル桜井の家だった」ワンオクTakaから受けた心温まるサプライズを回顧

千鳥ノブ「ミスチル桜井の家だった」ワンオクTakaから受けた心温まるサプライズを回顧

千鳥ノブ「ミスチル桜井の家だった」ワンオクTakaから受けた心温まるサプライズを回顧の画像

画像:時事

・6日に自身のYouTubeチャンネルを更新した俳優の佐藤健さん。

・お笑いコンビ・千鳥のノブさんが登場し、ロックバンド・ONE OK ROCKのボーカリストであるTakaさんからのサプライズを明かしました。

・Takaさんの人を喜ばせたいという人柄がよく伝わってくるエピソードに、視聴者からは絶賛の声が寄せられています。

千鳥ノブ、ワンオクTakaからの心温まるサプライズを語り視聴者から称賛の嵐

6日に自身のYouTubeチャンネルを更新した俳優の佐藤健さん。

お笑いコンビ・千鳥のノブさんが登場しました。

佐藤さんは、人生史上美味しいお店にノブさんをお連れするとして連れて行った先は、ロックバンド・ONE OK ROCKのボーカリストであるTakaさんのご自宅。

佐藤さんは、Takaさんの作るカレーがこの世で一番美味しいとして、ノブさんに食べさせたかったようで、Takaさんはそのことを受け、朝から仕込んでいてくれたのだそう。

出されたカレーに舌鼓を打ち「お前、本当にすごいな」、「結婚してくれ」と目を瞑りカレーの味を堪能したかと思えば、髪を振り乱しておかわりするなど、その味を全身全霊で称賛し、もはや放心状態の佐藤さん。

「生まれてきてから食べたものの中で一番好きな食べ物」など絶賛する言葉は止まらず、Takaさんはとても嬉しそう表情を見せます。

Takaさんはスタッフの分までカレーを用意して振る舞うなど、画面越しでも伝わってくる和気藹々とした空気。

ノブさんは、気が緩んだのか「Takaくんにはとんでもない、とんでもないサプライズをしてもらったんですよ」と口を切ります。

あまりにも嬉しかった出来事のため「墓場まで持って行こうかと思ってるくらい」、「俺と俺の嫁と俺の子供は一生の思い出になった」と、悩み顔。

Takaさんは「僕の先輩に当たる方(が関係している話し)ですけど、その方からしたら墓場まで持っていくような話しじゃない」と、ノブさんを慮り、佐藤さんも「話して大丈夫」と、ノブさんが話しやすい雰囲気を作ります。

ノブさんは「嫁と結婚したきっかけがMr.Childrenの曲きっかけで喋るようになったんですよ」と夫婦の馴れ初めを告白。

Takaさんと飲んでいる時に、「(Mr.Children・ボーカリストの)桜井和寿に、夫婦2人で会うことが芸能界最後の夢」であることを話したところ、Takaさんが桜井に連絡をし別日に会う運びになったのだそうです。

「Takaくんが指定する場所に行ったら桜井家だったんすよ」と、想定外の事実を明かし、汗を拭うノブさん。

テレビ番組での楽屋の挨拶か、ライブ会場で会うことを想定していたものの、まさかの桜井家の食事へのご招待という事実に、ノブさんは感激しきりだったよう。

ノブさんの、Takaさんからいただいた夢のようなサプライズの話を受け、視聴者からは

《Takaの人柄の良さがわかる!人のこと考えれる人!マジ神回》

《料理も人間性もピカイチだとしたらもはや欠点見当たらんやん》

《こんなに明るくてホスピタリティの精神持ってて魅力的な人だったんだ》

《takaがみんなから愛される理由がわかる動画》

など、絶賛の声が殺到しました。

佐藤健、ミスチル桜井の意外な一面を明かしノブ大喜び

「桜井さんは、外で飲むのも好きだけど、ノブさんにもお子さんがいるとのことで快く自宅へ招き入れてくださった」と、素敵なエピソードをさらに温かいものに昇華させるTakaさん。

他にも、Takaさんはノブさんが桜井さん宅へ訪問時に出ようとしたところ、桜井さん自身が出迎えに行き、ノブさん一家の驚く顔を動画に収めるよう提案するなどお茶目な人柄を明かし、ノブさんは初めて知るエピソードに感激の表情です。

佐藤さんは「(桜井さんと)1回フットサル一緒にやったことある」として、プライベートでの交流に「桜井さんは歌よりフットサルの方が本気出す」、「上手いし実際」と桜井の意外な一面を公開するなど、大盛り上がり。

Takaさんは基本的に薄味が好みのようですが、濃い味付けが好きな佐藤さんのために玉ねぎを2時間も炒めるなど手間隙をかけたスペシャルなカレーが、優しい空気感に一役買ったようです。

佐藤さんの誕生日ではカレーを振る舞うなど、Takaさんのホスピタリティな一面が明かされた今回は、視聴者の中でも「神回」となったに違いありません。

(文:Quick Timez編集部) ...

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?