「お笑い×ドラマ」Amazon新番組『ここは笑いのふしぎ堂書店』 カンニング竹山ら人気芸人13人参戦! 勝地涼、伊武雅刀ら実力派俳優陣も出演決定!!

Robot Icon

AIざっくり要約

  • Amazonオリジナル番組『ここは笑いのふしぎ堂書店』が11月22日からPrime Videoで世界独占配信予定。
  • 13人の人気芸人たちが不思議な島で極限のアドリブ芸に挑むが、様々な仕掛けで邪魔される。
  • 勝地涼主演で笑いを取り戻したい青年と島民の対立が物語の軸。豪華キャストが演じる島民から芸人たちは無茶ブリを受ける。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

Prime Videoは、Amazon Original新番組『ここは笑いのふしぎ堂書店』を、11月22日(水)よりプライム会員向けに、240以上の国や地域で世界独占配信する。

芸人たちがふしぎな島へ

この度、本作の予告編とキービジュアル、場面写真が一挙解禁され、多数の人気芸人たちと豪華俳優陣の出演が明らかとなった。

秋山寛貴(ハナコ)、狩野英孝、川村エミコ(たんぽぽ)、カンニング竹山、クロちゃん(安田大サーカス)、小宮浩信(三四郎)ら、人気実力を兼ね備えた13名の芸人たちがふしぎな島に転生される。

小峠らが見届人

また、不思議堂書店店長役の内村と、店員役の高山とともに物語の見届け人として、小峠英二(バイきんぐ)、中岡創一(ロッチ)、田中卓志(アンガールズ)らも出演決定。

極限のアドリブ芸に挑む

なお、解禁された予告編や場面写真では、“スベることが許されない島”を舞台に、彼らが体当たりで極限のアドリブ芸に挑む様子が映し出されている。

映像内で垣間見える、逆バンジーやぬるぬる坂、巨大扇風機、落とし穴などの様々な仕掛けに翻弄されながらも、芸人の意地と誇りをかけた彼らの死闘の先に待ち受けるものとは!?

実力派俳優陣も集結

本作の舞台である”スベることが許されない島”で、笑いを取り戻したいと画策する島の青年・タンジを主演するのは勝地涼。

タンジに賛同する幼なじみ・マヤとシンには山下リオ、福山翔大、さらに、芸人たちと対立する島民にはマギー、勝村政信、伊武雅刀ら人気実力派俳優陣が集結した。

豪華キャストが演じる島民たちから、無茶ブリを受ける芸人たちと物語が、どのように交錯していくのか、本作の展開にさらに期待が高まる映像となっている。

キャラクター相関図

予告編

©2023 Amazon Content Services, LLC or its Affiliates.

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?