STU48絶対的エース 瀧野由美子卒業公演 瀧野は「ファンの皆さんがいてくれたから私はここまでやってこれた」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 瀧野由美子の卒業公演が広島の劇場で行われ、セレモニーでは手紙が読まれた。
  • 岡田奈々が駆けつけ、2017年のツアーで歌った思い出深い楽曲を2人で披露した。
  • 最後は自身の原点となった楽曲を全メンバーで歌い、7年間の感謝を告げてSTU48を卒業した。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

11月30日(木)、STU48が広島県・BLUE LIVE HIROSHIMAで、「花は誰のもの?」瀧野由美子卒業公演を開催した。

力強くパフォーマンス

本編は、いつもと変わらない「花は誰のもの?」からスタートした卒業公演。

アンコールでは、11月15日にリリースされた10thシングル『君は何を後悔するのか?』を披露。

後悔を振り返りつつ、歩んで来た道に思いを馳せながら、新しい道を進む決意を歌った楽曲であり、STU48らしいメッセージ性の強い卒業ソングを力強くパフォーマンスした。

岡田奈々がこの日のために…

卒業セレモニーでは、瀧野がドレス姿で登場し、石田みなみ、福田朱里からの手紙が読み上げられた。

その後、この日の為に駆けつけた岡田奈々と『てもでもの涙』を歌唱。

2017年9月からスタートした初の瀬戸内7県ツアー「STU48瀬戸内7県ツアー〜はじめまして、STU48です〜」で、初めて2人がユニットを組んだ思い出深い楽曲の披露となった。

はなむけの言葉

歌唱後に岡田は「ゆみりんが、この7年間色々な葛藤もありつつ前を向いて、足を止めず走ってきたことを知っているので、本当に今日は卒業おめでとう」。

「7年間STU48でやってきたことがこれからの糧に必ずなると信じて、これからのゆみりんの人生を皆んなで応援したいと思います。頑張ってください」と、はなむけの言葉を送った。

盛大なゆみりんコール

最後の楽曲披露前には瀧野が「私のアイドル人生7年間の最後の曲になります。この曲があったから私は今ここにいます。私にとって思い入れが強く感謝しかない7年間歌い続けてきた曲です」とコメント。

また、感謝を込めて、自身の原点でもある『瀬戸内の声』を全メンバーでパフォーマンス。

盛大なファンからのゆみりんコールの中、瀧野は「約7年間本当にありがとうございました。アイドル人生何も後悔ないです!!」と清々しい笑顔で感謝を伝え、STU48としての瀧野由美子の幕を閉じた。

ⒸSTU

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?