『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』 プレミアムイベントに花村想太、セントチヒロ・チッチ、松平健登場! 花村は「人をより大切にしたくなるような作品」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 花村想太とヌードル役の松平健が『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』の主題歌を初披露した音楽イベントが開催された。
  • 2人は生演奏で主題歌を歌唱し、舞台裏の雰囲気が生き生きと伝わった。
  • 本作は夢を見る大切さや近くにある幸せを伝える作品だと花村は語った。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

いよいよ今週8日(金)に公開される、『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』。

5日(火)には、完全吹替版プレミアイベントが開催され、ウォンカ役・花村想太(Da-iCE)らが登場した。

各界の実力派集結

本作では、アーティスト、俳優、芸人、ミュージカル声優、声優と各界の実力派が集結し、セリフだけでなく全13曲に及ぶ楽曲もすべてキャストが吹替を担当。

そんな完全吹替版で、ウォンカ役の花村と、相棒となるヌードル役チッチのデュエットソング「フォー・ア・モーメント」を、本イベントで初お披露目した。

神秘的な気持ち

「フォー・ア・モーメント」を歌った感想を聞かれると、花村は「劇中やレコーディングの時はチッチさんの声を聞いていましたが、生の声を聴きながら歌うのは初めてだったので、神秘的な気持ちでした」。

また「改めてヌードルに会えた気分です!」と、生歌唱で共に歌えた喜びを爆発させた。

とてもハッピー

チッチは「“フォー・ア・モーメント”が流れる場面は大切な瞬間なんです。ウィリーとヌードルの2人が少しずつ繋がっていくシーンなので…」。

さらに「今日は花村さんの声に包まれて歌えて幸福感にあふれました、とてもハッピーでした!」と、花村と同じくお互いを見つめあって歌う、特別な時間を振り返り嬉しさをにじませた。

温かい空気感

そんな2人の歌唱を受け、ウンパルンパ役を吹き替えた松平は「きれいな美しい声で…2人の世界観が伝わってきました」と貫禄たっぷりにコメント。

どこかウォンカやヌードルを見守るような温かい空気感で、会場を和ませた。

いつも近くに幸せがある

亡き母との約束を胸に、ウォンカが世界一のチョコレート店を作るという“夢みることからすべては始まる”というテーマが描かれている本作。

チッチは「夢を見ることは何歳になっても大事だと気づけます。また、夢を見る人生の中で、実はいつも近くに幸せがあるんだと教えてくれるような作品です」と語った。

また、花村は「大切なものや人をより大切にしたくなるような作品です。自分に大切な人や物ができたとき、それによって広がる夢がたくさんあると僕は思います」。

「作品を見終わった時、きっと自分の夢と照らし合わせて、自分は何を大切にしようかなと考えなおすことができるので、楽しみにしてください」と、本イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』

12月8日(金)全国公開

配給:ワーナー・ブラザース映画 

© 2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?