「ポツンと一軒家」の住人はラルクTETSUYAの音楽仲間…ではなく、「あこがれの老後を楽しむ趣味人」だった

©️ABCテレビ

北海道の山奥にある「ポツンと一軒家」は、4人組ロックバンド・L’Arc-en-Cielのベーシスト・TETSUYAの音楽仲間が暮らす自宅兼スタジオ……ではなく、老後の趣味を存分に楽しむ70代男性の家だった! 男性が独学で作ったシアタールームに加え、彼の悠々自適な山奥ライフにあこがれる。

©️ABCテレビ

ポツンと一軒家があるのは、北海道日高地方の山奥。敷地内には大小数棟の建物のほか、果樹の木のようなものが無数に並んでいる。北海道ということで、女優の門脇麦は「移住してきたハスカップ農家」と推測。一方のTETSUYAは、「僕のミュージシャンの知り合いが北海道に移住したので、彼の家とスタジオじゃないかな」と予想した。

©️ABCテレビ

問題のポツンと一軒家から現れたのは、70代男性だ。亡き両親が100年ほど前に移り住んだというこの土地を、1人で大切に守っているとのこと。複数ある建物は酪農業をしていた時代に使っていた牛舎で、果樹の木のようなものは酪農業を辞めた後に山から移植した500本ものヤマツツジ畑だった。敷地内には自家菜園もあり、ししとう、ナス、ブルーベリー、ミニトマト、リンゴなど、年間約20種類の野菜や果物を栽培しているそうだ。

©️ABCテレビ
©️ABCテレビ

70代男性が大工の経験を生かして建てた「遊び用の小屋」や、彼が自ら設計した母屋に加え、趣味の映画を楽しむために彼が独学で作ったシアタールームは特にスゴイ! 5.1chサラウンドスピーカーと65インチの大型モニターが完備されているため、映画館並みの大迫力の鑑賞ができる。海外のアクション作品をはじめとする映画のDVDやBlu-rayがなんと約1000本あるのも驚きだ。近所に民家がないので、大音量で好きな作品を楽しめるというのがうらやましい。

©️ABCテレビ
©️ABCテレビ

1人でも忙しく楽しく自分のペースで生きている70代男性。彼の甥っ子は、この家を将来継ぎたいと話しているらしい。「(甥っ子が)500本のヤマツツジの花を毎年満開に咲かせてくれたら本望だ」と70代男性は語ってくれた。

実は自身も「ポツンと一軒家」を所有しているTETSUYAは、70代男性の生活に対して「参考になりました」と微笑んだ。なお、北海道の山奥ライフをマイペースに楽しむ70代男性が紹介されたバラエティ番組『ポツンと一軒家』9月3日放送回は、動画配信サービスTVerで無料配信中。

©️ABCテレビ

実は自身も「ポツンと一軒家」を所有しているラルクTETSUYA。彼が参考になったらしい「北海道在住70代男性の趣味の館」が紹介されたバラエティ番組『ポツンと一軒家』を無料配信中

  • 記事にコメントを書いてみませんか?