アリアナ・グランデ、J・K・ローリングら、英テロへの追悼コメントを発表

アリアナ・グランデ、J・K・ローリングら、英テロへの追悼コメントを発表

ロンドンテロの被害者にメッセージを贈ったアリアナ・グランデ(C) AFLO

 現地時間5月22日にイギリス・マンチェスターで開催された米歌手アリアナ・グランデのコンサートで自爆テロが起き、22人の死者と100人以上の負傷者が出た悲しみが癒えない中、今度は現地時間6月3日にイギリス・ロンドンで少なくとも7人が死亡し、48人が負傷するテロ攻撃が起きた。アリアナやジャスティン・ビーバー、コールドプレイなど多くのミュージシャンが集結するマンチェスターでのチャリティ公演前日の悲劇となったが、アリアナを含む多くのスター達が哀悼の意を表した。

 アリアナはハートマークと共に「ロンドンのために祈っています」とロンドン市民に愛のメッセージをツイート。俳優ドウェイン・ジョンソンはイギリスとアメリカの国旗の絵文字を加えて、「ロンドンテロに遭ったイギリスに祈り、愛、強さ、回復する力を。皆さんの支えになれればと思います。頑張ってください」と激励した。

 映画『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングは「罪のない人を無差別に殺りくした悪党たちはイギリスが“よろめいている”と思いたいでしょうが、そんなことはありません。悲しみを勇気のなさと混同しないで」と、力強いメッセージを贈った。映画『スパイダーマン:ホームカミング』の俳優トム・ホランドは「今晩はロンドンの皆さんを思っています。悲痛でなりません」とロンドンの人々を襲った悲劇に胸を傷めた。

 ほか、歌手のデミ・ロヴァートやリアム・ギャラガー、俳優のルーク・エヴァンスやモデル・女優のカーラ・デルヴィーニュら、多くのセレブ達がロンドンに愛と励ましのメッセージを贈っている。

関連記事(外部サイト)