ジャスティン・ビーバー、英ホッケーチームと一戦 使ったスティックをチャリティ寄付

ジャスティン・ビーバー、英ホッケーチームと一戦 使ったスティックをチャリティ寄付

英マンチェスター・チャリティ公演の後に地元のプロホッケーチームとプレイしたジャスティン・ビーバー クランクイン!

  現地時間4日に開催されたイギリス・マンチェスター自爆テロの被害者と遺族を支援するチャリティ公演「One Love Manchester」でパフォーマンスした人気歌手ジャスティン・ビーバー。マンチェスターでは大好きなホッケーにも興じ、プレイ後は使ったスティックをチャリティオークション向けに寄付してきたという。

 TMZによると、ジャスティンはチャリティ公演の翌日5日(現地時間)、マンチェスターのプロホッケーチーム「マンチェスター・ストーム」の選手と一戦を交えたという。一般公開はされなかったとのことだ。

 選手の1人ポール・スウィンドルハーストがTMZに語ったところによると、3日の土曜日の時点でジャスティンが街を去る前にホッケーがしたいと話していたことがチームの耳に入ったという。そのため月曜日の朝にチーム内での練習試合という形でジャスティンの希望が実現したそうだ。ジャスティンは数回、ゴールを決めたという。

 ジャスティンはチームが計画しているチャリティ試合でのオークション向けに、自分が使ったスティックを寄付。少なくとも数千ポンドで落札されることが予想されるとのことだ。

関連記事(外部サイト)