エド・シーラン、前回の来日でジャスティン・ビーバーと大はしゃぎ

エド・シーラン、前回の来日でジャスティン・ビーバーと大はしゃぎ

エド・シーラン、前回の来日でジャスティン・ビーバーと大はしゃぎ(C)AFLO

 グラミー賞歌手エド・シーランがジェームズ・コーデン司会の人気トーク番組『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』の“カープール”カラオケ・コーナーに登場し、来日中にジャスティン・ビーバーと酔った話を披露した。

 運転中の車の中でジェームズとゲストが歌うカープール・カラオケ。エドは1月下旬にアルバム『÷(ディバイド)』のプロモーションのため来日したが、ジャスティンと“場末のバー”に行き、ゴルフでバカをやったことを明かした。

 場末のバーで飲むのが好きで、そういうバーで飲まない人を連れていくのが楽しいと話すエド。「この間、僕が東京に行った時、ビーバーもいたんだ」と、ジャスティンをバーに誘った話を始めた。「彼はボディガードもつけずに、一人で来た。場末感たっぷりのバーにね」。エドとジャスティンはかなり酔ったようで、「最終的にあるゴルフコースに行ったんだけど、ジャスティンがゴルフボールを口で挟むと“打ってみろよ!”って言うんだ。僕はかなり酔ってた。それで“集中しろ。集中だ。集中。彼を打ったらダメだ。打つなよ。打ったらダメだからな”」と、自分に言い聞かせ挑戦を受けて立つことにしたことを明かした。

 「彼の顔を激しく打っちゃった」と告白したエド。それでもジャスティンは「驚いたことに、とても落ち着いた様子だった。“ちょっとさ!”みたいな感じで、後は何もなかったみたいに続けた」と、ジャスティンと日本で酔っ払いバカをした話の結末を明かした。

 2月初旬にジャスティンの目撃情報がツイッターなどを中心に出回っていたが、ジャスティンが日本にいたのは確かだったようだ。

関連記事(外部サイト)