「最も稼いだ女性ミュージシャン」、ビヨンセが年収約118億円で1位

「最も稼いだ女性ミュージシャン」、ビヨンセが年収約118億円で1位

「世界で最も稼いだ女性ミュージシャン2017」1位:ビヨンセ(C)AFLO

 経済誌Forbesが毎年恒例のミュージシャン所得番付「世界で最も稼ぐ女性ミュージシャン」を発表。2017年は、ビヨンセが推定年収1億500万ドル(約118億6500万円)で、テイラー・スウィフトから1位の座を奪った。

 今回のランキングは2016年6月1日から2017年6月1日までの税引き前の推定所得が対象。エージェントやマネージャー、弁護士費用は差し引かれていない。

 昨年の5位から1位に躍り出たビヨンセは、夫ジェイ・Zとの双子の妊娠・出産により、今回の集計期間の後半には休業状態にあったが、2016年4月から10月に行った「フォーメーション」ワールドツアーで2億5000万ドル(約282億5000万円)の興行収入を上げた。その快挙が今回の年収大幅アップにつながったという。

 昨年1位だったテイラーは推定年収4400万ドル(約49億7200万円)で3位にランクダウン。ワールドツアーなどの稼ぎが少なかったことが影響しているが、約3年ぶりのニューアルバム『レピュテーション』がリリースされ、収録シングル『ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ〜私にこんなマネ、させるなんて』が全米・全英ナンバー1を獲得するなど、快進撃を続けている。よって2018年は再び大幅な収入アップが期待できるという。

 2位は、昨年と変わりなくアデルという結果に。今年2月に開催されたグラミー賞では最優秀アルバム賞を含む5冠に輝き、2011年以来の本格的なツアーでは、ひと晩に8ケタの売上を叩き出していたとのことだ。推定年収は6900万ドル(約77億9700万円)。

 Forbes発表、「世界で最も稼いだ女性ミュージシャン」トップ10は以下の通り。
1位 ビヨンセ/1億500万ドル(約118億6500万円)
2位 アデル/6900万ドル(約77億9700万円)
3位 テイラー・スウィフト/4400万ドル(約49億7200万円)
4位 セリーヌ・ディオン/4200万ドル(約47億4600万円)
5位 ジェニファー・ロペス/3800万ドル(約42億9400万円)
6位 ドリー・パートン/3700万ドル(約41億8100万円)
7位 リアーナ/3600万ドル(約40億6800万円)
8位 ブリトニー・スピアーズ/3400万ドル(約38億4200万円)
9位 ケイティ・ペリー/3300万ドル(約37億2900万円)
10位 バーブラ・ストライサンド/3000万ドル(約33億9000円)

関連記事(外部サイト)