レディー・ガガ、2018年12月始動! ラスベガス常設公演が決定

レディー・ガガ、2018年12月始動! ラスベガス常設公演が決定

ラスベガス常設公演が決まったレディー・ガガ(C)AFLO

 2017年は女優業やワールドツアーに精を出していた人気歌手レディー・ガガ。一時は激しい痛みを伴う線維筋痛症に悩まされていたが、2018年には新たなプロジェクトが始動するという。ブリトニー・スピアーズやマライア・キャリーなどに続き、ラスベガスでの常設公演が決定したことをファンに報告した。

 レディー・ガガは自身のインスタグラムやツイッターに、ピンクのドレスを身に着け、サングラスをしたレディー・ガガが契約書にサインをしている写真などを投稿。「噂は本当よ! MGMパークシアターで常設公演を行います。最新のショーをお楽しみに!! ラスベガス・ガールになることが私の長年の夢でした。もう嬉しくてたまらないわ! リトルモンスターたち、愛しているわ。やったわよ。私とラスベガスで会いましょう!!」と興奮を隠せない様子でツイートしている。

 E!Newsによると、レディー・ガガのラスベガス常設公演の噂は数ヵ月前から出回っていたという。公演日程などの詳細は未定だが、パークシアターの公式インスタグラムではレディー・ガガの写真と共に「レディー・ガガが2018年12月にやって来ます!」と発表している。

 ラスベガスでは、マライアやエルトン・ジョン、セリーヌ・ディオンら、様々なビッグアーティストが常設公演を行ってきた。ブリトニーはプラネット・ハリウッドホテルで2013年12月から「BRITNEY:PIECE OF ME」常設公演を開始。大成功を収め、ブリトニー人気を再燃させたが、こちらは年内で終了となる。

関連記事(外部サイト)