フランシス・マクドーマンド、オスカー像が盗難被害 容疑者は逮捕

フランシス・マクドーマンド、オスカー像が盗難被害 容疑者は逮捕

アカデミー賞アフターパーティーでオスカー像を盗まれたフランシス・マクドーマンド(C)AFLO

 現地時間4日に開催された第90回アカデミー賞で、2度目の主演女優賞に輝いた『スリー・ビルボード』のフランシス・マクドーマンドが、アフターパーティーであるガーバナーズ・ボール出席中にオスカー像を盗まれていたことが判明した。逮捕された容疑者はパーティーへの招待状を持っていたという。DeadlineやAPなどの海外メディアが伝えた。

 パーティー会場で逮捕された男は、自称“A級のエンターテイメントジャーナリスト”“テレビ・映画・音楽プロデューサー”のテリー・ブライアント。現在は削除されているが、自身のフェイスブックに「見てくれ。俺のチームが今晩、これを手にした。俺のものだ」などと言いながらフランシスのオスカー像を持った動画を投稿していたという。

 ロサンゼルス市警の声明によると、オスカー像を手に出口に向かって歩くブライアントを会場にいたカメラマンが撮影したものの、受賞者として見覚えがなかったため後を追って問いただしたことで発覚。ブライアントは抵抗せずにオスカー像をカメラマンに渡し、警備担当者の通報を受けて到着した警察に連行された。

 フランシスは「ちょっとの間、引き離されていた」オスカー像と「うれしい再会を果たしました」と、フランシスの代理人は伝えている。ハンバーガーチェーンのイン・アンド・アウト・バーガーのダブルチーズバーガーを食べながら再会を祝ったそうだ。

 ブライアントは950ドル(約10万円)を超える物品を盗んだとして、重窃盗罪で起訴されたという。

関連記事(外部サイト)