C・テイタムと離婚したジェナ・ディーワン、名前から“テイタム”削除

C・テイタムと離婚したジェナ・ディーワン、名前から“テイタム”削除

テイタム姓に未練なしのジェナ・ディーワン(C)AFLO

 今月、俳優チャニング・テイタムと電撃離婚を発表した女優のジェナ・ディーワン。チャニングと結婚後は「ジェナ・ディーワン・テイタム」と名乗っていたが、ソーシャルメディアのアカウントなどから「テイタム」の文字を外したという。

 約9年間の夫婦関係を解消したチャニングとジェナ。Us Weeklyによると、ジェナが「テイタム」の名前をツイッターやインスタグラムに残していたのは現地時間19日までとのこと。ジェナのインスタグラムからは、チャニングと一緒に写っていた写真も全て削除されているようだ。

 一方チャニングのインスタグラムには、仲睦まじい頃の二人の写真やジェナの写真が現時点で残っている。

 アメリカでは夫婦別姓が認められているが、ジェナは過去にインタビューで、チャニングの姓を名乗ることにした理由として、「チャニングが伝統を重んじる人だから」と説明していたという。「私はどちらかというと違う。私の家族はかなりリベラルだったし。でも彼にとっては、とても重要なことだったのよ」と、チャニングが望んだため、結婚後に「チャニング」姓を名乗ることにしたという。

関連記事(外部サイト)