エイサップ・ロッキーとケンダル・ジェンナー婚約か!? 左手薬指の指輪で大盛り上がり

エイサップ・ロッキーとケンダル・ジェンナー婚約か!? 左手薬指の指輪で大盛り上がり

妹に何か言ってやってください、姉さん

 USヒップホップ界の寵児と呼ばれるラッパーのエイサップ・ロッキー(28)とモデルのケンダル・ジェンナー(21)の2人、通称「ケンロック」カップルが婚約したのではないかという憶測が流れている。ケンダルの細長い左手薬指に、ダイヤモンドの指輪がキラキラと光り輝いていたからだ。ロッキーの左手薬指にも似たようなダイヤモンドの指輪がはめられていたため、「光り物好きなエイサップ・ロッキー流のおしゃれでは?」とも見られているが、ネット上は「お揃いのエンゲージメントリングで、永遠の愛を表現しているに違いない」と祝福ムードが漂っている。

 エイサップ・ロッキーは、相変わらず強面ラッパーが多数派を占めるUSヒップホップ界において、その端正な顔立ちで女子からも人気を集めている。ニューヨークのハーレム出身の彼の本名はラキム・メイヤーズ。彼が生まれた1988年に、人気上昇中だったヒップホップ・デュオ「エリックB&ラキム」にちなんで母親が命名した。ステージネームの「ロッキー」も、母がつけた愛称に由来している。

 ラップに目覚めたきっかけは、8歳の時、口でビートを取っていた兄から「これでラップしてみろ」と言われてやってみたことだった。当時憧れたのは、ウータン・クランやディプロマッツ、ランDMCといったアーティストたち。そして13歳の時に兄が殺害されたことから、「ラップを真剣に極める」と誓う。スキルを磨き、19歳でハーレムを拠点としたヒップホップ・コレクティブ「エイサップ・モブ」に加わり、活動を活発化させた。2011年にリリースしたシングル「Peso」が、ヒップホップとR&B専門ラジオ局「Hot97」で紹介されたのを契機に知名度を上げ、現在にいたるブレークを果たす。

 どんなビートも乗りこなす彼は、どんな服でも着こなすおしゃれ男子でもあり、ファッション界からも一目置かれる存在だ。儚げで美しい顔立ちもあいまって、ファッションアイコンとしてDKNY、アレキサンダー・ワンの広告にも登場したこともある。しかもおしゃれなだけではなく、前述の通り幼くして兄を殺害されたり、12歳の時には麻薬の売人だった父が投獄されたりと、ハードな環境で育った苦労人とあって、ギャングスタ・ラッパー愛好家たちからも支持を受けているのだ。

 このようにヒップホップ・シーンの最先端を行くロッキーは、付き合う女性のレベルも高いと評判だ。白人女性ラッパーとして人気を集めたイギー・アゼリアや、ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルだったシャネル・イマンほか、美女ばかりと浮名を流してきた。シャネルとは14年に婚約までしたが、15年6月に破局。米MTV局の取材に対して「シャネルと別れた時は本当に落ち込んだよ」「彼女は自分にとって親友でもあるんだ。本物のね」と繊細な顔を見せ、多くの女性の母性本能をくすぐった。

 その彼が、モデルのケンダル・ジェンナーと“くっついた”とのうわさがささやかれるようになったのは、昨年6月のこと。メンズ・ファッションウィークが開催されていたパリの街を楽しそうに歩き、共にレストランに入って行く姿が目撃されたのだ。

 キム・カーダシアンらカーダシアン三姉妹の異父妹にあたるケンダルは、11歳の時から『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』に出演。14歳でモデルとして契約を得、その様子も番組で放送されたが、その後は「家族の知名度に頼りたくない」として自分で道を切り拓いてきた。父親(性同一性障害を発表し、現在は女性となったケイトリン・ジェンナー)譲りの長身で手脚が長く、スリムで小顔な彼女はランウェイモデルとして引っ張りだこになり、15年に「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー」モデルに採用。これがきっかけで世間から「お騒がせセレブの1人」ではなく、「売れっ子モデル」として認知されるようになった。

 タトゥーだらけの強面ラッパー・タイガといちゃいちゃしまくる妹のカイリーとは違い、ケンダルはこれまで恋愛を公にしていない。過去にはワン・ダイレクションのハリー・スタイルズや、ジャスティン・ビーバー、F1ドライバーのルイス・ハミルトンなどとのロマンスがうわさされたが、自ら語ることは滅多になかったのだ。そんなケンダルが、ロッキーと楽しそうにパリの街をデートしていたと報じられ、ファンは「お似合いのカップル」だと喜んだ。

 実はかつて、15年12月に妹のカイリーがロッキーと食事しているところをパパラッチされたこともあった。グループで行動しており、カイリーがすぐにタイガと復縁したことから交際でもなんでもなかったとされるが、意地の悪い人たちは「妹のお古をもらったケンダル」と陰口を叩いた。しかしケンダルは、そんな屈辱的なディスも気に留めず、ロサンゼルス、マイアミ、マリブでロッキーとデートを重ねたのだ。パパラッチされることも多かったが、2人は堂々としており、今年1月には再びファッションウィーク開催中のパリでのデートを激写されている。

 そして先月ニューヨークで開催されたMETガラでは、シースルーのドレスを身にまとい美しい体のラインを露わにしていたケンダルをハグし、プリッとしたおしりをわしづかみにするロッキーの写真が撮影された。撮影したのはケンダルの異父姉キムで、スナップチャットに投稿したことからネットでたちまち拡散。ほかにもいちゃいちゃしている写真が何枚か流れ、事実上の交際宣言だと報じられた。

?

Kim Kardashian Snapchatsさん(@kimksnapchats)がシェアした投稿 – 2017 5月 1 9:48午後 PDT

 そのロッキーとケンダルが、「婚約したかもしれない」という報道が流れ出したのは今週のこと。5日、英大手タブロイド紙「ザ・サン」電子版は、ニューヨークの街でパパラッチされたロッキーとケンダルの写真を添えて、彼女の左手薬指に大きなダイヤモンドの指輪がキラキラと輝いていることを指摘し、これは婚約指輪かもしれないと報じた。

 実はケンダルは、2月にも「左手薬指に指輪をはめている」と報じられている。米大手タブロイド紙「OK!」電子版がその写真を掲載し「ASAPにプレゼントされた指輪だろう」と伝えたのだ。ただし、今回ケンダルがはめていた指輪は、2月にパパラッチされたものとは違うようだ。米ゴシップ芸能サイト「Just Jared」は、5日に撮影されたケンダルの左手を拡大した画像を掲載しているのだが、いくつかの指輪を重ねてはめているのが確認できる。

 光り物が大好きなロッキーの左手薬指にも、似たようなダイヤモンドの指輪が輝いており「ひょっとしてお揃いのエンゲージメントリング!?」「さすがエイサップ・ロッキー! かっこいい!」とネット上は大騒ぎ。「Just Jared」など複数のメディアが「2人はキムの夫であるカニエ・ウェストのマンションから出てきたところをパパラッチされた」と報じていることから、「婚約の報告か!?」とさらに外野は盛り上がった。

 売れに売れまくっても地に足が着いて落ち着いた雰囲気の「ケンロック」カップルを、多くのファンが応援している。今回の「婚約したかも」報道も、好意的な受け止められ方だ。もし、本当に婚約していたら、2人をまねて「男もエンゲージメントリングをはめる時代」「お揃いのエンゲージメントリングでラブラブ」がはやるかもしれない。

 年内ゴールインも夢ではないかもしれない「ケンロック」。当分の間、この2人から目が離せそうにない。

関連記事(外部サイト)