オプラ・ウィンフリー、『ワンダーウーマン』に熱狂! グッズを購入して大喜び

オプラ・ウィンフリー、『ワンダーウーマン』に熱狂! グッズを購入して大喜び

楽しみすぎて夏が待ち遠しい

 今月2日に全米で公開され、週末の全米興行成績は1億330万ドル(約114億5,000万円)と、ぶっちぎりのナンバーワンに輝いたDCコミックス映画『ワンダーウーマン』。「女性監督が手がけた」「女性ヒーロー単独主演映画」としては歴代で1位という快挙に、ハリウッドもびっくり。愛と平和、正義のために果敢に戦う史上最強の美女戦士に、全米が熱狂し続けている。そんな中、アメリカで最も影響力を持つ“パワフル”な女性、オプラ・ウィンフリーがTwitterに、愛犬と一緒にワンダーウーマンのロイヤル・ティアラを頭にはめた笑顔の写真を公開。インスタグラムには、ウキウキで『ワンダーウーマン』パーティーの準備をする動画を投稿し「オプラもファンだったのか!」と大きな話題を集めている。

 ワンダーウーマンは、ギリシア神話に登場する女戦士のみで暮らす戦闘部族アマゾネスの王女「プリンセス・ダイアナ」として誕生。外界から隔離されたパラダイス・アイランドで戦闘スキルを磨きながら暮らしていた彼女は、不時着した陸軍パイロットにより現代社会にエスコートされ、「平和の大使」としての任務を与えられる。プリンセス・ダイアナは、悪を裁くため、星条旗を彷彿させる戦闘コスチューム姿のワンダーウーマンに変身。「ダイヤも切り裂くロイヤル・ティアラ」「防弾ブレスレット」「くくられると嘘がつけなくなる真実の投げ縄」などを駆使し、華麗に戦う。

 1941年にコミックでデビューしたワンダーウーマンは、75年からリンダ・カーター主演でテレビドラマ化。リンダ演じるワンダーウーマンが美貌、頭脳、腕力によって「地球最強の美女戦士」として愛と平和、正義のために果敢に戦うかっこいい姿に、多くの女性が魅了された。特に少女たちは、ワンダーウーマンのような心身ともに強い女性になりたいと憧れたものだった。

 DCコミックのスーパーヒーローチーム「ジャスティス・リーグ」の主要メンバーであり、スーパーマン、バットマンと並ぶ戦士であるワンダーウーマンだが、スーパーマンとバットマンと比べて、実写作品は非常に少ない。リンダが演じてからは「ワンダーウーマン=スリムで長身、ウエストがキュッと締まった美女」というイメージが強くなってしまい、2011年に米NBC局がエイドリアンヌ・パリッキ主演で制作したテレビドラマ版は「これじゃない」と不評。『アリー my Love』(97〜02)を手がけたデビッド・E・ケリーが製作総指揮を務めることで期待されていたにもかかわらず、直前で放送中止となり、お蔵入りしてしまった。

 そんな経緯があったので、14年10月に、米ワーナー・ブラザースのCEOケビン・ツジハラが「16年から20年にかけて、10作のDCコミック実写映画をリリースする」と発表したラインナップの中に『ワンダーウーマン』が入っていても、世間は「ヒットはしないだろう」「リンダ以外のワンダーウーマンなんて、受け入れられない」と予想したものだった。

 ふたを開けてみれば、ラインナップの中で目玉だとされていた『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は、予定通り16年に公開されたものの大コケ。「スーパーヒーロー同士が殴り合うのは、子どもに悪影響」「何のために戦ってるのかわからない」「政治色が強くて滑稽」「メンタル弱すぎ」と酷評された。「特にひどい」とけなされたバットマン役のベン・アフレックにいたっては、インタビューでストレートに「評判悪いですね」と言われ、悲しそうな顔をする始末だった。

 しかし、この『バットマン vs スーパーマン』にも、大絶賛されるシーンがあった。颯爽と登場し、先頭を切って戦いまくった、ガル・ガドット演じるワンダーウーマンである。この姿に、多くの観客が「最高にカッコいい!」としびれたのだ。

 とはいえ、ハリウッドは「女性監督が撮る女性ヒーロー単独主演映画なんて、たかが知れてる」と軽くあしらい「『ワンダーウーマン』は、そこそこヒットするのが関の山」だと鼻で笑われ、「フェミニストを喜ばせるための話題作りだ」とも、陰口を叩かれた。そんな『ワンダーウーマン』が今月2日に全米公開されるやいなや、爆発的にヒット。2週連続ナンバーワンを記録し、DCのみならず、マーベルも含めたアメコミ映画史上最高傑作だとまで大絶賛されるようになったのだ。

 シビアな映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、批評家、観客ともに92%が『ワンダーウーマン』を支持していると評価。「女性監督が手がけた」「女性ヒーロー単独主演映画」としては歴代で1位となり、メディアは連日のように「『ワンダーウーマン』がハリウッドを変えた」と報道。同作をあなどっていた業界人たちを脱帽させた。

 そして、この『ワンダーウーマン』の成功を、心から喜んでいる女性がいた。アメリカでは大統領を超える影響力を持つといわれている、アフリカ系アメリカ人のテレビ司会者で実業家、慈善家のオプラ・ウィンフリーである。

 貧困層出身のオプラは、学業はできたが性的虐待を受けるなど劣悪な環境で育ち、思春期になると母親に反抗するようになる。14歳で妊娠・出産したことがきっかけで、教育に熱心だった厳格な父親に引き取られて学業に専念。容姿端麗だったこともあり、テネシー州ミスブラックに選ばれ、16歳でラジオ局のアンカーのバイトを始める。奨学金をもらって進学したテネシー州立大学時代には地元テレビ番組のアナウンサーを務め、ニュース番組でのアドリブ・トークが素晴らしいと大注目を浴びた。その後、トーク番組司会者の道に進み、86年から11年まで放送された『ザ・オプラ・ウィンフリー・ショー』で国民的アイコンとなった。

 その後、彼女は自分の放送局OWN(オプラ・ウィンフリー・ネットワーク)を立ち上げ、視聴率など気にせず「本当に意味のある」番組を手がける。いま同局が一押ししているのは、女性の監督だけが手がける『Queen Sugar』というドラマシリーズだ。『13th -憲法修正第13条-』(16)で、アフリカ系アメリカ人女性監督として初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされたエイヴァ・デュヴァーネイ監督とタッグを組んだ自信作である。

 米芸能専門サイト「ET」は7日、オプラとエイヴァが出演した『Queen Sugar』のプロモーション・インタビューで、「女性監督といえば、パティ・ジェンキンスが手がけた『ワンダーウーマン』が大ヒットしています」と話を振られたオプラが、「Go パティ! Go パティ!」とチャンティングする映像を公開。「『A Wrinkle In Time』が後に続く!」「Go パティ! Go パティ!」と楽しそうに大笑いする姿を伝えた。

『A Wrinkle In Time』とは、エイヴァが監督するリース・ウィザースプーン主演のディズニー新作映画のこと。アフリカ系アメリカ人の女性監督が手がけるとあって、注目を集めている来年公開予定の期待作である。インタビューでオプラの横に座っていたエイヴァは、オプラがひとしきりチャンティングした後「『ワンダーウーマン』の最後にパティの名前が出てきたのを見て、涙が出た。ほかの女性ができなかったことを彼女がやり遂げてくれたんだって、感極まってしまった」とパティを絶賛していた。

 このようにお茶目にチャンティングしていたオプラが、Twitterでは、愛犬サディと一緒にロイヤル・ティアラを頭にはめた写真を投稿。インスタグラムには『ワンダーウーマン』パーティーに向けて準備をする動画を投稿し、ネット上で大きな話題を集めているのだ。

 インスタグラムでは、特注のワンダーウーマン・ケーキをお披露目する動画をまず投稿。スッピンのオプラは、「わくわくしてる。だって、今日は我が家のワンダーウーマン・デーだから! うちでパーティーするのよ!」と言い、ロイヤル・ティアラのデザインが施されたケーキの土台の上に、ワンダーウーマンの上半身部分を「ワンダーウーマン〜」と歌いながら設置。

?

Oprahさん(@oprah)がシェアした投稿 – 2017 6月 13 11:29午前 PDT

 次に投稿したのは、頭にロイヤル・ティアラをはめ、腕には防弾ブレスレットをつけたオプラが、「ワンダーウーマンのポップコーン・バケツ。それと、なんだと思う? ワンダー・ウーマンのカフス(ブレスレット)がたった今、届いたのよ!」とガッツポーズを決め、グッズを紹介する動画。最後に腕をクロスして、「ワンダーウーマン」とキメ顔をしている。

 続いて、額に入れたワンダーウーマンの巨大ポスターの前で、「ワンダーウーマンのビニールサンダルが届いた」と大喜びで手に取り、「わお!」と叫ぶ動画を投稿。感動した表情を浮かべており、心なしか涙ぐんでいるようにも見える。

 テレビドラマ『ワンダーウーマン』が放送されていた頃、オプラは20代前半で、がむしゃらにキャリアを積み上げていた。アフリカ系アメリカ人の女性ということで、辛い時もあっただろう。『ワンダーウーマン』を見て勇気づけられ、ワンダーウーマンが敵を倒すのを見てスカッとしたこともあったかもしれない。

 ちなみにこのパーティーだが、ケーキの動画でオプラは「10歳の子たち28人」が来るパーティーだと説明。ネット上は「本当に楽しそう!」「少女たちの教育に力を注いでいる、オプラらしいパーティー!」「彼女こそがワンダーウーマン!」と、称賛の声が巻き起こっている。

 全米で大ブームを巻き起こし、社会現象にもなっている『ワンダーウーマン』。幼稚園に通う女児たちも「ワンダーウーマンごっこは、誰が主役になるかで喧嘩になっちゃうから、アマゾネスの女戦士ごっこしよう!」と遊んだり、「大きくなったら、ダイアナみたいに100カ国語話せるようになりたい」と意欲を見せたり、「キャンディの包み紙を床にポイ捨てした男児に「環境破壊しないでよ、おバカ! これだから男はセミッシラ(アマゾネスが住むパラダイス・アイランド)に住めないのよ!」と言うなど、とても良い影響を受けているそうで、監督のパティは「光栄だ」と、喜びのツイートを投稿している。

『ワンダーウーマン』は、日本では8月25日に公開予定。遅まきながら、日本でも相当なインパクトを与えてくれそうだ。

関連記事(外部サイト)