マイリーと比較される妹ノア・サイラス、「比較することでしか見られない人の問題」と一蹴

マイリーと比較される妹ノア・サイラス、「比較することでしか見られない人の問題」と一蹴

20代で遅れた反抗期が来そうな気もする

 昨年11月にデビューシングルをリリースして以来、姉のマイリー・サイラス(24)と比較されまくられているノア・サイラス(17)が、雑誌のインタビューで「比較されたとしても、それって比較する人の問題だし」とアンチを華麗にディス。「ご名答すぎる!」と称賛の声が集まっている。

 父親は「Achy Breaky Heart」を大ヒットさせたカントリー歌手のビリー・レイ・サイラス。姉は米ディズニー・チャンネルの青春ドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』(2006〜11)で大ブレークしたマイリー・サイラス。6歳年上の兄はモデルのブレイソン・サイラス、30歳の異父姉は女優のブランディ、28歳の異父兄はミュージシャンのトレイス・サイラスと、芸能界で活動する家系の末っ子として、かわいがられて育ったノア。

 ハンサムな父親は俳優としても活躍し、01年から04年まで放送されたクリスチャン色の強い医療ドラマ『Doc』に主演。このドラマに無名だったマイリーがちょい役出演していたことは有名な話だが、実はノアも出演していた。ノアは、マイリーの『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』やTV映画『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』(09)にも、ちょい役で出演。豊かな表現力が評価されるようになり、スタジオジブリ製作のアニメーション映画『崖の上のポニョ』(08/米公開09)英語版のポニョ役に抜擢。宗介の声を担当したジョナス・ブラザーズの末っ子フランキー・ジョナスとともに英語版の主題歌を歌い、「人気アイドルの妹と弟がタッグを組んだ」と大きな話題を集めた。

 だが有名な姉を持つことは、気苦労も多い。ノアが9歳の時に『ティーン・チョイス・アワード』プレ・パーティーの会場にあったストリップ・ポールでポーズを取った時は「9歳の子が!末恐ろしい」「明らかにマイリーから悪影響を受けている」と批判が殺到した。同年のハロウィーンでは太ももがあらわになったタイトドレスを着て、「セクシーすぎる」「9歳の少女に着せるべきではない」と、これまたバッシング。10歳の時にはケシャのヒット曲「Tik Tok」を口パクする動画をネットで公開し「少女に歌わせるような内容の歌詞ではないのに」「親は止めないのか? 止めないよね、サイラス家だもんね」などと叩かれた。

 13歳の誕生日には、超ミニドレスに真っ赤な口紅をしたおめかし姿がパパラッチされ、「安っぽい娼婦みたい」「とうとうここまできたか」「予想通りの成長っぷり」だと、ため息をつかれてしまった。

 マイリーがハチャメチャなエロ路線を暴走していたことに多少なりとも影響を受けたのか、確かにノアは13歳頃からセクシーな服装を好むようになった。タブロイドは「いかがなものか!?」とノアのパパラッチ写真を掲載し、ネット上では「ブスのくせに」「マイリーの妹だからって調子に乗ってる」とアンチが湧き始めた。16年に、16歳で本格的に歌手活動をスタートさせると、アンチは激増。「のっぺり顔でキモい」「残念なマイリーって感じ」「その顔、その体形で、そのファッションは痛々しい」など陰口を叩かれまくられるようになってしまった。

 姉妹だけに、ノアとマイリーはどことなく顔が似ている。声と歌声はそっくりで、声量はマイリーより上だと評価されることもある。メディアはこぞって彼女を取材し、どこに行っても「マイリーは?」「マイリーは?」と聞かれるノアだが、嫌な顔はせず、マイリーを悪く言うこともない。「歌声は似てるって言われると思ってたから、全然気にしない」とも発言し、最高の姉妹仲だと強調。どんなに比較されても、ニコニコと受け止めてきた。

 そんなノアが、最新の雑誌インタビューで「比較する人の問題だから、自分は気にしない」と、お見事な持論を展開したのだ。

 カルチャー誌「Rogue」最新号に特集されたノアは、まず歌手としての目標は何かと質問され、「L.A.育ちの私は、たくさんのアーティストたちがステイプルズ・センターでパフォーマンスするのを観てきた。だから自然と、自分もあそこでパフォーマンスしたいって夢を持つようになった」「ナッシュビルに行ってツアーのヘッドラインもやる。そして、ステイプルズ・センターでパフォーマンスするところまでこぎ着けたい」と回答。

 次に「マイリーとしょっちゅう比較されているわけだが、そんな中、どのように自分だけのアイデンティティを持ち続けることができるのか?」と聞かれ、「マイリーが姉だってことは、すごく誇りに思っている。一緒に、たくさんの人が聴いているラジオ番組に出られるしね」と、彼女の妹で幸せだと前置きした上で、「誰だってほかの人と比較されるのは嫌だよね。でも姉と比較することでしか私を見られないのは、正直、その比較する人の問題なわけだしねぇ」と、この上なくスカッとするような答えを返した。

 実はノア、先月末「とうとうマイリーのことが嫌いになったようだ」とゴシップされたばかりだった。新曲プロモーションのため訪問したオーストラリアで「家族に捧げる」タトゥーを3つ彫ったのだが、その中にマイリーが入っていなかったからだ。彫っている最中の写真をインスタグラムに投稿したノアは、「蹄鉄はママのため、『Stand Still』って言葉はパパのため、トライフォースはブレイソンのために入れた」と説明。すると「マイリーのためには彫らないんだ!」「あれほどかわいがってもらっているのに」「使うだけ使うんだね」「マイリーよりもブスだしね。本当は嫌いなんでしょ」などとアンチが大激怒し、コメント欄は大炎上した。

 ノアの兄でマイリーの弟であるブレイソンは、6月にイタリアのミラノで開催されたドルチェ&ガッバーナのショーでランウェイデビューを果たし、大きな話題を集めた。マイリーはこの時のブレイソンの写真をインスタグラムに投稿し「あんたは歌のほうが断然うまいけど、サイラス家の血筋だから、なんでもやってみたいんだよね、わかるよ」と、彼にとってモデルはファーストチョイスではないことを言及。最後に「D&Gさん、あなたが政治のためにあれこれするのには反対だけどね」と批判した。

?

Miley Cyrusさん(@mileycyrus)がシェアした投稿 – 2017 6月 17 8:00午前 PDT

 マイリーがD&Gをディスったのは、メラニア米大統領夫人に衣装を提供しているからだとされている。ドナルド・トランプ大統領誕生後、大泣きする動画を公開したマイリーとしては「どうしようもない大統領に協力なんかするな!」と言わずにはいられなかったのだろう。しかし、このコメントを読んだD&Gは大激怒。「無知極まりない」「あなたからバカげたコメントをいただいたので、もう二度と彼とは一緒に仕事しません」と宣言するという騒ぎに発展してしまった。

 今回ノアがブレイソンのためにタトゥーを入れたのは、本人の意思とは関係なく渦中の人となってしまった兄を励ましたかったのかもしれない。マイリーへ捧げるタトゥーを彫らなかった理由については、「私、もうマイリーとはおそろいのタトゥー彫ってるんだよ。ティアドロップのね」と説明。さらに、インスタグラムのコメント欄が大炎上していることを嘆き、「全部読んでるの?」とバカにするコメントが書き込まれたが、それに対しても「もちろん。でも嫌なことばっかりだから、コメ欄オフにしようかと考えてる」と真面目に回答。

「みんな、嫌ならコメントなんかしなきゃいいのに。私と言葉のやりとりをしたいファンに、フェアじゃないよ。クソみたいなコメントばっかりで、ファンの声が埋まっちゃうじゃん」とぼやき、同情する声が集まった。

「Rogue」インタビューでは、デビューアルバム『NC-17』についてもコメント。「秋までには完成させたいなって思ってる。たくさんの素晴らしいライターやプロデューサーと一緒に制作したんだよ。パパの曲もあるかも。もうめちゃくちゃ恵まれてるよね。すごい才能を持っている人たちと一緒に働けて、歌詞の執筆なんかも経験しちゃって」とうれしそうに語り、ネット上から「『甘やかされてきた』とか叩かれてるけど、しっかりしてるじゃないか」「17歳で、ここまでプロ意識を持っているのはすごい」と称賛する声が上がっている。

『NC-17』からのセカンド・シングルカット曲「Stay Together」の歌詞に「Fuck」という言葉があり、内容も「めちゃくちゃ不良」だと批判され、5月に開催された『2017 MTV Movie & TV Awards』で同曲をパフォーマンスした時には、すぐ息切れして酷評されてしまったノア。しかし、今回のインタビューを読み、「彼女は大物になる予感がする」と感じた人は多いようだ。

 まだ17歳のノアの可能性は無限大。果たしてマイリーを超えることができるのか、見守っていきたい。

関連記事(外部サイト)