Fワード連発でファンに喜ばれるサミュエル・L・ジャクソン、同情されるクリス・ジェリコ

Fワード連発でファンに喜ばれるサミュエル・L・ジャクソン、同情されるクリス・ジェリコ

ちょいワルどころの話じゃない70歳

 先月31日、名脇役のサミュエル・L・ジャクソンがロサンゼルスで、WWE人気レスラーのクリス・ジェリコがニューヨークで、それぞれファンに向かってFワードを発している姿を捉えた映像が流出した。2人共サービス精神旺盛なことで知られているが、今回の流出映像にサミュエルのファンは大喜び、クリスのファンは同情しており、対照的な事態になっている。

 2つの映像を公開したのは、大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」。サミュエルのほうは7月30日にロサンゼルス国際空港でパパラッチが撮影したもの。クリスのほうは28日にニューヨークのアーヴィン・プラザの外でその場に居合わせた人が撮影したものと見られている。

 サミュエルはもともと、Fワードが似合いすぎる人物として知られている。大手オンラインメディア「ハフィントンポスト」は2014年、彼について「これまで出演した27作の映画の中で、171回も放送禁止用語の『マザーファッカー』という汚い台詞を言った名脇役」という記事を掲載した。役柄だけでなく、ツイッターでもナチュラルにFワードを投下しまくっており、「口が悪い上に皮肉屋で毒舌だけど、憎めない奴」として多くのファンから愛されている。

 そんなサミュエルが先月30日、ロサンゼルス国際空港に到着して車を降りたところを囲まれ、サイン責めにあった。これは彼のファンというよりはセレブ好きな人たちで、もらったサインをオークションサイトに出品して金を稼ぐ輩もたくさん混じっている。

「TMZ」が公開した映像には、差し出された自分の写真などにサミュエルが快くサインする姿が映っている。迷惑そうなそぶりも見せず、「Like you give a fuck?(おまえさん、別にどうでもいいって思ってるだろ?)」と軽口をたたき、周囲の人たちから「待ってました!」と言わんばかりのうれしそうな笑い声が上がる。

 セレブのサインをオークションサイトに出品する輩たちは、珍しいものにサインをしてもらったほうが高値で売れるため、バスケットボールや野球ボールといった妙なものまで差し出す。サミュエルは、彼らが自分がサインしたものをどうするのか知っているのだろう。たまらなくなったのか、「こんなマザーファッキングなもの、全部はサインしねぇぞ!」と言い放ったのだ。

「マザーファッキング」と最上級に屈辱的な言葉をかけられて、輩たちはまたもや大喜び。サミュエルも、そうは言ったものの紳士的にサインをし続けている。取り囲んでいたパパラッチから「今までサインした中で一番変なものは?」と聞かれると、「デカパイ(tiddies/大きいおっぱいを意味するスラング)」と即答するサービスっぷりで、またもや爆笑が上がった。

 このサミュエルの映像にネット上も、「お変わりないようで何より」「元気をもらえた」と大盛り上がり。来年で70歳になるサミュエルが、これからも元気にFワードを発し続けることを祈る人が続出した。

 一方、サミュエルとは対照的に、Fワードでファンから同情される事態になっているのがクリス・ジェリコだ。

 クリスは今年11月で47歳になるが、世界最大のプロレス団体WWEの人気スーパースターとして今も第一線で活躍しているプロレスラー。90年代には日本で活躍し、「第二の故郷」と呼ぶほどの親日家で、日本にもファンが多い。

 今年6月30日と7月1日に両国国技館で開催されたWWE日本公演にも出場し、試合直後には、バックステージで自撮り動画をインスタグラムに投稿した。「記念すべき50回目の来日だぜ」「この相撲アリーナには特別な思いがある。22年前のスーパーJカップもここでやった。ちなみに俺が勝ったけどな」「この場所には、もう20回、30回も来た。いい思い出ばかり。こうやってまた来られて光栄だ。これもみんなが応援してくれるおかげだ。感謝してる」としみじみ語る内容で、日本のファンを大喜びさせた。

?

Chris Jerichoさん(@chrisjerichofozzy)がシェアした投稿 – 2017 7月 1 3:44午前 PDT

 ほかにも、「古い友人で最大のライバル」という文を添えたウルティモ・ドラゴンとのツーショットや「モハメッド・アリとアントニオ猪木の試合」について、東京の街中にある墓場の写真など、来日中に数多くの写真をインスタグラムに投稿。SNSでもサービス精神旺盛な性格を垣間見ることができる、ナイスガイである。

 また、プロレスラーとして活躍するかたわら、ミュージシャンとしても活動。ヘヴィメタバンド「FOZZY」のヴォーカルを務めている。

 クリスは7月28日、ニューヨークのアーヴィン・プラザで開催されたヘヴィメタル・バンド「アドレナリン・モブ」のベーシスト、デヴィッド・Zのトリビュート・ショーに出演。デヴィッドは7月14日、メンバーやスタッフと一緒に車で移動中、大型トラックに突っ込まれて死亡した。クリスはすぐに追悼メッセージをインスタグラムに投稿。「朝に話をしたばかりだったのに」と、やりきれない思いを綴った。

 今回流出した映像は、この追悼のためのショーを終えて出てきたクリスが、ファンに「ファック・オフ」と言い、罵り合うところを捉えたものだった。

「TMZ」によると、クリスは出待ちしていたファンからサインや写真撮影を求められ、最初は応じていた。しかし、態度が悪い者がいたため苛立ちを見せるようになり、彼らの求めを断ってその場を離れようとしたその直後に撮影されたものだという。

 映像は、逆ギレしたファンの男が、ものすごい形相でクリスに叫んでいるところから始まる。クリスは男に向かって「ファック・オフ。ほっといてくれよ」と言うが、興奮状態の男は「俺はどこにも行かねぇ」「俺のテリトリーから失せろ! アトランタ出身の俺様が支配するこの地を!」とまくし立てている。

 意味不明な男の言葉に、クリスはいちいち反応。「はぁ? ここニューヨーク・シティなんだけどな、マザーファッカーよ…… お前はファッキング・アトランタ出身じゃねぇか」と、けなす。男は悔しそうに「俺はこの前の、お前の試合の勝利を祝福したかっただけなんだ!」と叫ぶが、クリスは疲れ果てた声で「自分のケツにチンコでも突っ込んでろ」と吐き捨てる。怒鳴り散らしている男のほかに、シャツを脱ぎ捨てて戦いを挑もうとする男までいるが、クリスは口では反撃するものの手は出さず。冷静さを保ち続け、最後に友人に向かって「あいつら、マジでファッキングなプッシーだよな」と言っていた。

 クリスはこの映像が流出した直後、「TMZ」に対して声明を発表した。「デヴィッド・Zは自分の良き友で、彼へのトリビュート・ショーをしたことで精神的にも感情的にも粉々に打ち砕かれてしまった」「気分は最悪だった。いつもは強引(失礼な、とも言うがね)なファンは無視することにしているんだけど、今回はブチ切れてしまった。関係者全員に謝罪させてほしい」と述べ、「どうかデヴィッド・Zに神のご加護を」という言葉を綴った。

 実はクリスは、09年にもファンとトラブルを起こしている。

 試合後、車に乗り込もうとしたところにファンが殺到。サングラスをかけたクリスはガードマンたちに「彼らを遠ざけてくれ」と言い、交流を拒否したとファンは逆ギレ。「カナダ人のクソ野郎!」「マザーファッカー!」と罵声を浴びせ始めた。クリスは強引にのしかかった女性ファンに押され、頭を車にぶつけて激怒。その女性を殴り、現場は壮絶な有様となった。

 WWEにはしっかりとした脚本があり、ストーリーに沿って試合が繰り広げられている。脚本にはヒール(悪者)とヒーロー(ベビーフェイス/善人)がおり、展開によって入れ替わってゆく。09年当時、クリスはヒールだったため、リング外で罵声を浴びせられることは確かに多かった。しかし、反射的だったとはいえ女性を殴るのは許されない。この事件でクリスは当然非難されたが、「見境のないファンが多いから」「これだけ罵声を浴びせられたら交流もしたくなくなるよ」と同情する声も多かった。

 今回の映像にも、「これは気の毒」と多くのファンが同情。「TMZ」のコメント欄には「トリビュート・ショーを終えたばかりのクリスに、なんてひどい言葉を浴びせるんだ」「よく我慢したな。俺だったら殴ってた」「サインなんて最初から断ればよかったのに」「シャツを脱いで戦いを挑むなんて、アホな男だ。WWEのレスラーは特訓を受けたプロのレスラーとしか戦わないのに」と、気の毒がる声が殺到している。

 サービス精神旺盛な有名人は、その分嫌な思いをすることも多いはず。有名人の代償ではあるが、今回のクリスの一件はあらためてその難しさを感じさせ、気の毒な出来事となった。

関連記事(外部サイト)